2008/3/31

春の旅01  飯田線の旅

 3月28日金曜日の夜から出発し、春の田切大掃除に向かった。今回の旅は車での移動で、時間も経路も時刻表に縛られずに自由に設定できる。
 さて、今回の田切大掃除は、恒例のパターンを変更するとにした。と言うのも、昔に比べて飯田線北部でも列車のダイヤが間引かれて本数が激減しており、列車ダイヤの都合で毎回同じ行動パターンになるので、それを何とか打破して見たいという思惑があったのだ。
 そこで、掃除当日の田切駅集合を8時半から10時に変更して遅くした。それに伴って解散時間も12時頃とした。この変更で、朝、余裕があるので朝食をゆっくりとることが出来てのんびりした旅を満喫できる。また、多少遠方の宿に泊まっても移動の時間に余裕が出来て安心。終了時間は、開始が遅くなったために単純に後ろ押しになっただけだが、あとに(掃除当日に)なって問題点が発見された。
 金曜日の夜に埼玉を出発したメンバーは、副部長・副部長の息子・宇宙局長・あ〜る君の4名。集合完了して動き出したのが23時少し前。最初の目的地は木崎湖。例によって木崎湖畔のゆーぷる木崎湖で朝風呂に入る予定なので、朝の7時までに到着すればよい。関越道をひた走り横川を超えて北寄りから長野入りのルートを取った。
 走り続けると明け方3時過ぎに着いてしまうので、途中のサービスエリアで仮眠を取った。

クリックすると元のサイズで表示します

 明け方6時に木崎湖南湖畔にあるローソンに到着した。ここで朝食を買って食べて、ゆーぷる木崎湖が開くのを待つのだ。東京では桜が満開になり、この週末が花見のピークなどと言われているが、信州北部の木崎湖はまだ春遠い状況だ。山に雪が残り色彩に乏しい寒い景色が広がる。↑の写真は白黒モードで撮ったのでも白黒にレタッチしたのでもなく、そのままの景色。因みに今回持ち込んだのはメイン機材のEOS-10Dで旧式のデジタル一眼レフ。縦位置バッテリーグリップも付けているので大きくて重い。

 朝食後、ゆーぷるの駐車場に移動して開くのを待つ。7時営業開始だと書いてあるが、実は7時少し前に準備中の看板を片付けた途端に営業開始になった。早朝時間は割引が適応され、400円で温泉に入れる。夜間移動と窮屈な車両での仮眠の疲れを取るために、手足を伸ばして温泉に入る。
0



2008/3/31  22:26

投稿者:宇宙局長

長距離の運転お疲れ様でした。

仮眠を取った姨捨PAでは夜景が綺麗だとの話を聞いていたのですが、今回はガスが掛かっていてよく見えませんでした。残念。

ゆ〜ぷるでは思いがけず雪がちらほらして、「もう春なのになあ」とも「さすが長野北部だ」とも思いました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ