2008/1/23

大掃除なのだ12  飯田線の旅

 前回、前々回のトップの写真は博多の繁華街にあるデパート「天神コア」の屋上でした。かの漫画家の出身地で、随所に福岡ネタが出てたんだけどこれもその一つ。キャラクターショーを良くやっていたようで、写真奥に小さなステージが写っています。
 だいぶ前に、九州に行ったついでにわざわざ足を伸ばして見に行きました。

 さて、早めにホテルに入ってビデオ鑑賞会なんだが、そんなのを書いても面白くもないので(と言うより、はた目にはかなり不気味な光景だったような気がする・・)夕食の話し。ビデオの前半6話を見終わった時点でちょうど晩飯時になったので、伊那の街に出かけた。当初「鍋焼城」で食べたいという意見が多かったので、まっすぐ路地裏の鍋焼城に向かうと、なんか電気が付いていなくて暗い。いい加減開店していていい時間だがどうしたのだろう?と思い店の前まで行くと「本日休業」と札が出ている。なんてこった!
 善後策として、すぐ近くの居酒屋「隆城屋(たかしろや)」に入る。空きっ腹で長時間徘徊するのが面倒くさいし、ちょっと一杯引っかけるにはもってこいの店だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 これが店の中。カウンター席もあるが、座敷に上がり込む。古民家のような室内(と言うより、古民家そのものが店なのだ)が蛍光灯ではなく白熱電球で照らされていて実に渋い雰囲気だ。丸いちゃぶ台がいくつかあって、座布団は自分で部屋の隅から運んでくる。僕らおっさん達には肩が凝らずに寛げる空間だが、おしゃれなチェーン店でしか飲めない若いおねーちゃんには辛いかも知れない。と思ったら、僕らのすぐ横のちゃぶ台で、若いおねーちゃん混じりのグループが賑やかに飲んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

 日本で最も飲まれている銘柄「とりあえずビール!」を注文する。出てきたのはアサヒのスーパードライ。小鉢はタコとブロッコリー、大皿は大根とジャガイモと豚肉を炊いたもの。どちらもいわゆる「お通し」で、小鉢は人数分、お皿は全員まとめて一皿だ。肴を頼まなくてもとりあえず大丈夫なのだ。偉いぞ隆城屋!
 初めは、僕(副部長)&さぶちゃん&局長&あ〜る君&亀さんの5名だったが、その後、M下君、yuki氏が合流し賑やかな夕食となった。

クリックすると元のサイズで表示します

 局長所望の「馬刺し」一皿1人前でこれだけ載ってりゃあ満足でしょ。局長はとにかくこれが好きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 これが問題の「山賊焼き」です。「焼き」と言ってるが、どう見ても「鶏肉の唐揚げ」だ。大雑把な刻みキャベツに大降りの唐揚げが載っている。唐揚げは真ん中が切ってあって、炒めたタマネギなどの野菜が挟まっている。旨いですよこれ。ビールに良く合う。これは単品だが、ご飯と味噌汁が付いた定食もあります。
 この他に焼き鳥を注文し飲みつつ食べつつ、楽しい夕餉の一時でありました。
0



2008/3/4  9:41

投稿者:桜ん坊

こんにちは。

鍋焼城、何度か足を運んでいるのですが、
去年の後半からずっと休業のままになってます。
たまたま運が悪いのならいいのですが。

http://sakuranbou.blog13.fc2.com/

2008/1/24  0:33

投稿者:じゅん

私は旦那が熊本出身で馬刺を食べてから大好きです♪おいしそう♪
食べたくなっちゃいました!
ちなみに、旦那実家の近所にある有名な馬刺専門店です。
http://www.basashi-honpo.com

2008/1/23  22:22

投稿者:宇宙局長

あー、やはり県立地球防衛軍の舞台になったところでしたか。今で言う聖地?

2枚目の写真見切れてますね。
鍋焼城で馬刺しとビール→ソースカツ丼の組み立てで飲み食いするつもりだったのに、開いて無くて残念でした。
まあ、高城屋で馬刺しは食べる事が出来たので良いんですが、飲んだあと腹にたまる物をうしおでロー面でも食べるのかな?と思っていたので、高城屋1件でシメだという事に気付いたときはすでに遅し。腹にたまるものを食べずじまいでした。
あと、高城屋に合流したのはyuki氏だけで、M下君はホテルからです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ