2007/4/23

ゴボとん丼を食べた!  飯田線の旅

 最近仕事が忙しいので更新をサボっていて申し訳ない。
さて、今回の春の田切駅大掃除の旅の途上で、念願の「ゴボとん丼」を食べました。
場所は「伊那大島駅」の駅前の坂を登った上にある店。美富久と言う名の割烹&食堂だった。割烹と食堂部門で入り口が別になっていて、最初割烹のほうの入り口から入りそうになってしまった。ホームページもあって
  http://www.zuku-d.com/shop/mihuku/index.html
だから暇な人(このページ読んでる人はたいがい暇か・・)は覗いてみると良いです。
 入ったのは、ちょうど昼食の時間帯だったので、店内はほぼ満席の状態で、それとなく覘くと皆さん「ゴボとん丼」を食べているようだった。
 ↓これが、最近松川町で売り出し中の「ゴボとん丼」なのだ!
クリックすると元のサイズで表示します
 丼本体に、味噌汁、漬物、サラダ、小鉢(山菜の煮たもの)がセットで800円也(税込み)と、なかなかお得感がある値段設定である。丼そのものは豚の三枚肉とごぼうを厚切りで煮付けたもので、まあ、豚の角煮の少し薄切りのやつを想像すればだいたい正解なのだ。甘辛い味付けがご飯と合って良いのだが、結構味が濃いので、できればご飯をもっといっぱい欲しいと言うのが素直な感想なのだ。誤解がないように言っておくが、味自体は大変美味しく満足である。ただご飯(お米)をもっと食べたい!と言うことなのだ。新しい名物のご飯メニューを作り出そうと言う努力には大変好感が持てる。旅と食事は切り離せない要素なのだ。場所が伊那大島だから、食事時間に合わせて訪れるのはちょっと大変かもしれないが、ぜひ一度足を運んで食べてみて欲しい。いい思い出になりまっせ。それにしても、ご飯を美味しく食べられるメニューっていいよな〜。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ