2006/12/18

丼?  飯田線の旅

 日曜の朝一に何気なくTVを見ていると、まあ、毒にも薬にもならないような情報番組をいくつかやっている。僕はそんな種類の番組が結構好きで、何か他のことを考えたりしながら、ぼーっと見ている。そんな中で「ご当地」モノの紹介があって、信州モノというか飯田線モノを2種類ほど紹介していた。「信州味噌天丼」と「ごぼとん丼」である。恥ずかしながら僕はこの両方を全く知らなかった。そんな訳で興味深く画面に見入った。
 まず、「信州味噌天丼」は諏訪湖の周囲、上諏訪あたりで食べられるらしく、諏訪湖名物のワカサギや、シメジなどの茸、そば!等の信州名産品を天ぷらにして丼に盛って、その上に味噌だれをかけたものだった。
 もう一つの「ごぼとん丼」はゴボウと豚肉(とん)の三枚肉をそれぞれ甘辛く煮て丼に盛ったものだ。こいつはフルーツで有名な松川町、つまり伊那大島駅周辺で食すことが出来る。松川らしさを出すために、煮るときの汁にリンゴを丸ごと入れたりしているのだそうだ。
 実は「ごぼとん丼」の方は歴史が全く浅く、つまりは町興しのために、最近になって売る出し始めたモノなのだった。通りで知らないわけだ・・・・前にも書いたが、どんな歴史と伝統のあるものでも最初の時はあったわけで、何か町興しにあたり、無理矢理歴史をこじつけたりしないで、このように素直に始めりゃあいいのだ。出来れば隣近所とはかぶらないようにして頂きたい。その方が旅行者としては食べ歩く楽しみが多い。

 こいつらは近いうちに是非食べてみたい!
0



2006/12/19  1:24

投稿者:かれい♂

ごぼとん丼
http://www.goboton.com/
以前から注目していましたがまだ食べたことがありません。

ほかには飯島町にさくら丼。
http://www.cek.ne.jp/~kankou/sakuradon.htm

駒ヶ根と伊那のソースカツ丼に
宮田村では新しくご当地丼を開発中

最近行われた飯田市の新名物コンテストで最優秀賞を取ったのがII-CUP(ヌーベル飯田丼)。
http://www.iidacci.or.jp/~seinenbu/nijisinsa.html

伊那谷がどんぶり谷になってしまいそうだ。

ごぼとん丼は見た目は似ていても、和食なら和風、中華なら中華の技法を使っていると思われ、店によって個性がけっこう出ているのではないかと思われます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ