2006/10/19

遊園地4  その他

 今日は初めて胃カメラを飲んだ・・・・旨くない。

 さて、メルちゃんは女の子向けの人形だ。子供のいない人には全く正体不明だと思うが、おままごと用の人形で「お世話大好きメルちゃん」と聞けば、TVCMで聞き覚えがあるのでは無かろうか。幼稚園くらいの女の子が「疑似お母さん体験」をする「子供役」である。着せ替えの洋服が充実していたり、身の回りの道具などが豊富に揃っていたりする。キッズ富士急にはこのメルちゃんコーナーもあり、ずらっと並んだメルちゃん人形は圧巻である。さて、おままごと人形であるから、図体は3頭身である。これの着ぐるみショーとは、いったいどのようなモノになるのだろう??

 セーラームーンやプリキュアの着ぐるみは、生身のおねいさんが衣装付けて、頭のかぶり物を被る。元々の頭身がそれなりに5〜6頭身だから、少々(現実に生身の人間ならかなりだが・・)頭のでかい女の子という程度の感じだが・・・・メルちゃんは何しろ3頭身だ!わくわくしながらメルちゃんショーの開幕を待った。

 時間が来ていよいよショーが始まる。舞台の袖からメルちゃんが登場!!怖い!!!もの凄く頭がでかい。確かに見た目は3頭身だ。しかし、着ているのは普通の人間(余りにもこもこの着ぐるみで、もはや男か女かさえ分からない)だから、かぶり物の大きさが半端ではない、その造形が結構荒いので、初代ウルトラマンの初期の顔のように少し凸凹している。女の子の人形の巨大な顔が凸凹しているのだから、それはもう不気味でさえある。実際最前列にいた小さな女の子が、こわばった顔で後ずさっていた。
 これほどのアンバランスな着ぐるみでは、踊ることなど出来ようはずもなく、登場はしてみたモノの、出来ることと言ったら子供と並んで記念撮影に納まるだけだ。芸がない。親はこの際だからと子供をはやし立てるが、子供の方は皆一様に引きつった笑顔でメルちゃんの横に立ち写真に写っていた。
 このメルちゃんは必見である。

 奥が深いぞ、遊園地ぐりんぱ!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ