2006/6/18

総火演2  その他

 総火炎の一般席は、正面を少し外れた階段席と、階段前の地べたに敷かれたシートの席になる。どちらも指定席ではなく区切りも何もない完全な自由席だ。だから基本は「良い席は早い者勝ち」なのだ。では、何処がよい席か
というと、これは何をしたいかにもよるのだけど、近くでじっくり見て写真も撮りたいとなれば、それはもうシート席の最前列がよい。前がないので写真を撮るのにじゃまになるものがない。ただ見られればいいと言うのなら、階段席の方が平らな地べたより座り心地がよいのでお薦めである。さて、会場へは駐車券を取って自家用車で乗り付けるのもよいが、肝心の駐車場が会場から結構離れている上にかなりの急勾配を登らなければならない。こいつは普段歩き慣れない人にはかなりきつい作業だ。だから会場のすぐ下につくシャトルバスの方が楽なのだが、バスの運行開始が遅いので、それを待っているとシート席の最前列は、事情をよく知った常連組に占領され尽くしてしまう。もし、2人以上で見に行くのなら、まず早朝に会場に車で乗り付けて人だけ降ろし、シート席の最前列を占領させる。一方車は一度会場を離れ駅方面のどこかに駐車して、御殿場駅前からのシャトルバスに乗って悠々と会場入りすればよい。まあ、駐車場所は自分で探してほしい。応募葉書を書くときに駐車場を希望しなければ、当選率が幾分高いという話だからなお良いだろう。
 さて、一口にシート席と言っても結構間口が広い。一番良いのはやはり正面の階段席の前のシートだろう。ここには当日防衛庁長官を始め「お偉方」が入場するための花道があり、そこの角の最前列に陣取れば、普段テレビでしか見られない人を生で間近に見ることが出来る。かなり前には、倒れる前の長嶋茂雄や、モーニング娘絶頂の頃につんくなんかが来場したことがある。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ