2006/4/25

飯田線沿線の温泉2  飯田線の旅

 立ち寄り温泉でも、最近は施設がもの凄く充実しているのでうれしい。
ことに露天風呂は人気らしく、それを売りにしている施設も多いのだ。
さて、立ち寄りの露天風呂には一つ不満がある。それは夜に星空を見られないことだ。理由は主に二つある。
1.星が出るような夜間時間帯は営業していない。
2.露天と言っても、屋根がついていて空そのものが見えない。
だ。冬など日の沈むのが早い時期にはそれでも多少星を見ることが出来るが、やはり営業終了する時間が早いのでゆっくり楽しむと言うわけにはいかない。
 また、温泉そのものの立地条件にもだいぶ左右される。つまり明かりが多いところ、街中ではいくら夜空が見えても、星は見えにくい。
 暗い夜空がゆっくり見られる露天風呂があると良いと思う。

 さて、湯谷温泉を過ぎると、飯田線はかなりの山の中というか谷底を這って進む。途中にもいくつかの町を通過し、何カ所かに温泉がある。
 近年は平岡駅が建て替えられて、大きな施設になった。ここにも温泉があるのだが、この場所で湧いているのではなく、少し離れた温泉から専用のタンク車で運んでいるのだ。それでも一応「温泉」と名乗っても良いのだ。
実はここにはまだ入ったことがない。と言うのも、街中にあって特に温泉の風情があるでもなし、どちらかというと銭湯のようなもので、わざわざ入りたいと思わないからだ。ただ、何しろ駅上温泉であるから、鉄道が好きな人には価値が高いだろう。僕もそのうち旅の行程に余裕があったら入ってみようと考えている。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ