2005/9/25

田切掃除・夏14  飯田線の旅

 コスモ21では酒類を取り扱っていなかった。少なくとも春掃除まではなかった。そこで酒類は駒ヶ根の駅前のスーパーで買って、ここではつまみを買ったのだが、すべて買い物が終わってレジの外に出ると、「ありゃ?酒置いてるじゃない!」なんと酒コーナーが新設されている。というか以前は扱ってたから、再開したといった方が正しいだろうか。
 飯島駅近くのセブンイレブンにも酒は置いてたし、24時間営業だったので便利だったが、つぶれてしまった。そんな訳で今までは酒の調達に苦労していたが、これで大丈夫になった。

 宇宙局長は「馬刺し」が好きなのだ。そこで肉屋で200グラムほど切ってもらった。最近「霜降り馬刺し」なるものを居酒屋のメニューなどでよく見る。実際試しに注文してみると、確かに霜降り牛肉のようなサシが入っている!しかし何だろうこれは???本来馬は脂身のない赤身の生き物ではないだろうか???つまり「霜降りになるような生きた馬」というものを想像しようと試みるが、どうも馬というとサラブレッドのようなスリムな馬を無条件で思い浮かべるので、丸っこい牛のような馬を想像できない。できるものなら、生きてる霜降り馬を是非1度見てみたい。

 駅前に帰るとまだ日の明るさが残っている。テントを立てるのには早いし、風もなく暖かいので、地べたにマットを敷いて、簡易食事場をこしらえた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ