2006/3/18

旨い不味い  飯田線の旅

 昨日うぐいすパンの下りで旨いの不味いのと言った話になったので、この際その「旨い」「不味い」の本質を考えてみようと思う。
 僕の身の回りで、何処何処のラーメンは旨い。五○八○のラーメンは不味いと言う人がけっこういる。果たしてそれは正しいだろうか?だいたい「あそこは旨い」と評判のラーメン屋に行って、前評判ほど旨いと感じたことは一度もない。まあ、普通に旨いと思うだけだ。逆に不味いと言われるラーメン屋が、それ程に不味かったこともない。ネット上では匿名を良いことに掲示板で口汚く罵っているのをよく見るが、僕が思うに、そもそも「不味い」の本質を見誤っているのではないかと思う。
 つまり、僕はラーメンに関しては醤油味が好きで、カレーに関してはカレースタンドの日本風の芋の入ったドロっとしたのが好きだ。だから、日本一旨い豚骨ラーメンや、本格インド人の作るインド風カレーより、その辺のラーメン屋の醤油ラーメンや、定食屋のカレーの方が僕自身の評価では旨いと感じる。かといって後者が不味いのかというとそうではない。ちゃんと旨いだろう。多くの人がこの、「自分の好みの味付けではない」部分を「不味い」と評するから混乱を招くのだ。本当に不味いというのは好みの問題ではなく「食えない」範囲に踏み込んでから言うべき批評では無かろうか。例えば生では食えないものに火が通ってないとか、異常にしょっぱいとか、あるいは異常に甘いとか、そう言った領域に踏み込んでしまった物に関しては、僕だってちゃんと「不味い」と言う。
 さて、うぐいすパンは不味いですか?
0



2006/3/19  0:16

投稿者:宇宙局長

うぐいすパン、懐かしいですねぇ。
昔は小倉あん・白あんと一緒になって三色パンという名前で売られていましたが、最近は見かけないですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ