2006/1/28

田切冬掃除2006-10  飯田線の旅

 さて、両手の親指・人差し指・中指の指先にアカギレが出来て、ぱっくりと赤い裂け目が口を開けている。傷自体は一見たいしたこと無いんだが、指先はご存じの通り神経が集中しているので、とても痛い。しかも場所が指先だから、何をするにも傷が当たり、それこそ服のボタン一つ閉めるにも苦労している。もちろんキーパンチもかなりの苦痛が伴うのだ。3日たってやっと文字入力できる状況となった。

 そうそう、カウンター越しの話だった。この状況でラーメンどんぶりを出すには、人並み外れた手の長さが必要だと思われる。さてどうなるのかと楽しみにしていると、まず宇宙局長注文のチャーシュー麺が出てきた。とても旨そうだ。次に僕の注文の「大中華」が現れた。でかい!局長のおおよそ倍はありそうな大きさだ。それを、ほいと局長の側のカウンターに出す。後はそっちで回してくれと言うのだろう。いやはや落ちは意外とつまらなかった。
 さて、この「大中華」がこれまた問題なのだった。
どんぶりが通常のほぼ倍、麺の玉が倍の2玉、当然汁も多い。かつての若い頃の僕ならいざ知らず、さすがにこんだけの量を1食で食べきるのは自信がないぞ・・・。本店なら行列が出来るほどのラーメンであるから、普通には旨い!と言うか、僕はラーメンは何を食ってもだいたい旨いと感じる。地元で知人が○○(店名が入る)は旨い!とか、△△は不味いとか言う店に一応足を運ぶが、どの店のラーメンもちゃんと旨いと思う。あえて何なら不味いと思うかと言えば、やたらと辛子ばかりを入れた20倍辛い地獄ラーメンなどは、僕は旨いと思わない。ただ辛いだけだし、わざわざ金を出して食べる物ではないと思う。もちろんそれを旨いと感じる人もあるだろう。何度も言っているが、物の旨い不味いは、全く個人の好みに左右されるのだから、それ自体を否定する気も、馬鹿にする気もない。旨いと思えば食べればよいのだ。たとえば、黒砂糖を練り込んだ麺が、黒蜜につかっている「激甘天国ラーメン」なんてのがあったりしたら、食べたいですか?でも、何人かはそれを旨いと感じるだろう。それはそれでいいのだ。で、2玉入りの特大ラーメンに悪戦苦闘しながらも、麺と具は滅ぼして、汁も可能な限り飲んだが、さすがに全部を飲み干すまでは行かなかった。量が僕の1/2しかない(と言っても普通に1人前ある)局長は早々と食べ終わっていた。これで朝・昼と麺が2食続いた。
0



2006/1/28  20:54

投稿者:宇宙局長

参考になるか分かりませんが、自分は生爪を剥いたときや逆むけが出来たときには瞬間接着剤で傷口をくっつけてしまいます。
まずは圧迫止血をしてから(出血が無い場合はそのまま)、おもむろに瞬間接着剤(ゼリー状より普通の液体の方がベター)を傷口に垂らし、ぎゅっと傷口をふさぎます。
接着剤が付く瞬間はしみますがそれは一瞬だけで、後は少々手荒い事をしても痛くありませんし、水につかってもしみません。
体質的な物もあるかと思いますし、かなり乱暴なので誰にでも勧められる物ではないですけれど。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ