2007/11/27  22:36

四国を走る  1996〜97原付日本一周

日本一周とはいえ、ただ海岸線を走るだけではつまらない。
内陸方面を走ってみた。

坂道を登るにつれ、景色が素晴らしくなってゆく。
山の木々が赤や黄色に色付いて見事な色彩だった。
抜けるような青空も、それらを鮮やかに見せる手助けをしていた。
天気が良いというのは、何と気持ちのいいものなのだろう。

そのかわり、冬型の気圧配置のため、標高が上がるにつれ、寒くなったが。
これから自分にどんなものを見せてくれるのか、楽しみになってきた。

有名な銭型の砂場を見に行った。
近くだと何が何だかわからない、ただの砂の山。
琴弾公園の70m位の丘を登るとそれが見える。
クリックすると元のサイズで表示します

時代劇の「銭形平次」のオープニングで、ここの景色が映っていたのを思い出す。
まさか、こんな所だったとはねえ・・・
クリックすると元のサイズで表示します

この近くで一泊し、翌日この風景をスケッチした。
クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ