2007/9/28  21:00

はじめてのパンク修理  1996〜97原付日本一周

茨城の友人宅を出発し、いよいよ家路に向かう事になる。
本当に気が重かった。

国道51号線に入った途端、いきなりパンク。
出発してから5000km以上は走ったが、パンクははじめてだった。
原因は長さ2.5cm位の釘だった。

面倒だが荷物を降ろさなくてはならない。

道具は持っていたが、はじめての事だったので、タイヤを外すのに四苦八苦。
はじめはホイールも外さないとダメかなあと思って迷った。
しかし、面倒なので、タイヤだけを外す事にした。
タイヤレバー2本を使い、少しずつ外す。
ようやくチューブを出す事に成功。

クリックすると元のサイズで表示します

やってみれば、原付のタイヤは自転車並みに簡単だと言う事に気付いた。
穴にゴムパッチをつけ、後は逆をやればいい。
荷物を積み、ようやく出発。

15:30頃 銚子の犬吠崎。
千葉に入った。温かい。
18:00 県道沿いの松林にテントを張る。

「ああ、明日には神奈川に着いてしまうなあ」などと思いながら気が重いまま、床に着く。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ