2018/1/10  22:49

ロッキングチェアの修理  木工

スポークが折れて紛失してしまっている、ロッキングチェアの修理をしています。
もともと、スポークが細く華奢だった上に、無理な力がかかり、折れてしまい、しばらく置いたままだったようです。
椅子の座面も一部板矧ぎが剥がれていました。

私は旋盤を持っていないので、知り合いの所に出向いて使わせてもらいました。
助かりました。ありがとう!

スポークを同じ形に削り出して戻す事も可能でしょうけども、また折れるだろうから、大きくデザインが崩れない程度に、太目に削り出しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、自宅に持ち帰って本組み。
クリックすると元のサイズで表示します

剥がれた座面にも接着剤を注ぎ込んで、クランプで締めて再接着。
木目の方向が強度的にどうなんだ?と感じるのですがね。
将来的に、どのくらい持つかは分かりません・・・
出来る事をやった。そんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

ステインで着色。
クリックすると元のサイズで表示します

あとは、ニスを塗って養生したらおしまい。
2



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ