2016/1/26  23:52

クランクおもちゃ 2  木工

木工クラフトの洋書で、回して動作の原理を再現するものがあり、前回はローラーギヤの製作をしましたが、今回はカムを使った往復運動をする物(Positive Action Cam)の製作に挑戦です。
クリックすると元のサイズで表示します

カムは本の型紙をコピーして材に貼り付け、糸鋸で切り抜き。
三つ又タイプとハート形がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フォロワーガイド。
クリックすると元のサイズで表示します

ローラーは、糸鋸で切り出してから、治具を作ってディスクサンダーで削って指定寸法に仕上げました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フォロワーは本に掲載されている作り方だと非常に面倒なので、糸鋸で切り出す方法で作りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

仮組みです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


動作に問題は無かったので、各軸を接着し、本組み。
ペーパーで下地仕上げをして塗装です。
クリックすると元のサイズで表示します

組み上がりました。
クリックすると元のサイズで表示します

裏にはもう一つのカムを保存できるようになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ