2007/6/27  21:35

羅臼と相泊の珍メニュー  1996〜97原付日本一周

白樺ライダーハウスで、先日書いたチャンチャン焼きを食べたのですが、朝食も選択メニューになっています。

イクラ丼か、ガモメ丼か。

ん?ガモメ丼って何?

てなわけで、珍しい物が気になる自分は値段もちょっと高いガモメ丼に期待し選択。

さて、なぞのガモメ丼が来ました。
見た目はタマゴぶっかけご飯みたいでした。

ガモメの正体は、トロリとしたコンブエキスだったのです。
それをドンブリご飯にぶっかけたということ。

生卵の食感に似ています。
自分は、生卵のヌルヌル食感苦手なんだよなあ・・・

コンブエキスの旨味もあまり味わう余裕がありませんでした。
これならイクラ丼にしておくべきでした。
前の列車食堂にしてもそうですが、イクラ丼また食い損なった・・・

しかし、一緒に出たホタテの入ったコンブ入り味噌汁は最高でした。
これは本当に美味しくて、3杯もおかわりしました。

昼は相泊の「熊の穴」食堂に行きました。
以前、テレビで見たことがあったので、来てみたかった所でした。
クリックすると元のサイズで表示します
茨城から来たと言う人と一緒の席で、お話などしました。

ここの看板メニュー(?)の「馬鹿ラーメン」を注文。
何が「馬鹿」かと言うと、鹿の肉とトドの肉が、焼き豚代わりに入っているのです。
トドは「海馬」と書くそうで。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、そのお味は?
鹿肉はそこそこいけましたが、トド肉は黒っぽい色をしていて、レバーみたいな味。
レバーは大の苦手なんだよなあ・・・ハァ。

まあ、珍しい物を食べたという事で、思い出になりました。
この店の珍品メニューは他に、
熊鍋
トドの刺身
熊の肉が入った熊ラーメン
などがありました。

会計を済ませると、最北東端証みたいな紙をくれました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ