2010/1/1  23:01

ハウステンボスと四次元パーラー「あんでるせん」その1  1996〜97原付日本一周後半編

1997年5月29日
朝5:30に目が覚め、昨日炊いたご飯の残りで朝食。
この後、ハウステンボスに向かった。

妹尾河童氏の本にここの事が書かれていて、ぜひ一目見ておきたいと思ったのだった。

塀の外からドム・トールンが聳え立っているのが見える。
クリックすると元のサイズで表示します

それを見ただけでも、単なるテーマパークとは違い、力の入った施設なのかなと思った。
入ってみようと受付まで行ったが、入場4200円!!もかかるので今回はあきらめた。

そしてここを離れ、超能力喫茶「あんでるせん」へ向かう。
ここは川棚と言う所にある。
天気が心配だったのでやめようかとも思ったが結局行く事にした。
10:40に店は開く。
すでに店の前には超能力を見ようと数十人が待っていた。

シャッターが開き、店に入ったは良いが、ここからが長かった。
注文はサンドイッチ。600円。

店自体は1970年代テイストの、ちょっと薄汚れた何の変哲もない喫茶店。
もし、マスターが超能力を持っていなかったら、とっくに潰れていたのでは?(失礼)と思えるほどのしけた店構え。

しかし、その中で、たくさん飾られた、不思議な折り紙が目に付いた。

注文のサンドイッチが来るのに1時間。
不機嫌そうに店を歩き回る奥さんらしき女性が印象的。
一度に20数名が押しかけてきたわけだから大変なのは分かるが・・・。

ひたすら「超能力ショー」を待っていた。

その待ち時間が長かった。

ああ、今日はそんなに動けないなと思った。

サンドイッチなどとっくに食べ尽くし、あまりに退屈で仕方無いので店内を見回すと、折り紙の他にもも不思議な物がゴロゴロ。

・・・待つ事3時間・・・
もうほとんど待っているだけで疲れてしまった。

ようやくエスパーショーは始まった。

続く
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ