2009/9/16  22:12

非常食喫食体験  日々雑記

非常食

地震の多い関東に住む人間には常備が必要と思われます。

しかし、これが本当に必要になるような非常事態にはまだ出くわしていませんが・・・

自分が非常用に興味本位で5年前に買ったフリーズドライのお餅パックが賞味期限の5年になったので、食べる事にしました。
クリックすると元のサイズで表示します

中身はこんな感じになってます。
ホテルのサービス石鹸位の大きさのお餅が10個と味付け海苔、粉末醤油と割り箸まで入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

作り方はいたって簡単。
お水に3分浸すだけ。
クリックすると元のサイズで表示します

粉のカタマリのようだった物が、粘りのある餅に変わってきます。
食べれそうなくらいに戻ったら、取り出して粉末醤油をふりかけて海苔を巻いて、いただきま〜す。
んで、お味の方は・・・
クリックすると元のサイズで表示します

・・・んまあ美味い物ではないですが、非常時を考えたらまあ食べれない物ではない。
2食分となってすが、自分は1食分でも足りない・・・

かといって「長靴一杯食べたいよ」(Byアスベル)
とも思いませんけどね・・・

空腹感を減らす、最低限の保存食と考えるべきでしょう。

0
タグ: 徒然 防災 非常食




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ