2009/8/22  16:50

阿蘇のカルデラの町へ  1996〜97原付日本一周後半編

1997年5月25日

昨日にも増して寒かった。
足先が特に冷えた。
フライは結露でビッショリ。

旅をしていて、片時も頭を離れないのが金の事だ。
本当にヤバイ。

必要な物以外にはとにかく買わない。
しかし、土産や記念になる物も買えないと言うのはつらい。

とりあえず阿蘇の方へ進む。
阿蘇スカイラインは原付は100円。

途中、駐車場で火ノ神公園でキャンパーおじさんからもらったインスタントラーメンを作って食べた。
本当は菊地渓谷でキャンプしようと思っていたのだが、人があまりに多いし、値段も高そうだったのでやめた。

阿蘇スカイラインに入って、パッと展望が開けたらさすがに有名になるだけの事はあると思った。
カルデラの眺めは雄大だった。

学生の社会科の授業で、カルデラに人が住んでいると聞いて、火山に人が住むとは、なんて危険なんだと思った事があったけな。

しかし、その規模は半端ではなかった。
実に広大なカルデラだった。

そして大観峰に寄る。
人も多いがバイクもすごかった。
ズラリとバイクが並び、黒い革のつなぎを着た恐そうな人達が群れを成していた。
これを見て、自分はライダーではないんだなと思った。

山頂ではグライダーが乱舞していた。
ここで飛ばしたら楽しいだろうなあ。
自分もラジコンを飛ばしたくなる。

大観峰を後にして途中公衆浴場へ寄った。

川沿いを走っていたら、手頃な広さの河原があったので、そこにテントを張る事にした。

バイクを止めて、ふと後輪を見てギョッとした。
スポークが2本折れていた。

後輪を空回ししてみたが、リムのゆがみは感じなかった。
まだなんとか走れそうだが、早めに手を打たなくてはいけないな。

荷物が多すぎるのと、長距離を走り続けいているのとで、負担がかかったのだろう。
ベンリイ号にはすまない気持ちだ。

翌日、重量軽減のため、小包で不用品を家に送った。6.3kgあった。

佐賀市に入ってからカメラの予備フィルムが残り少なくなっている事に気付く。
今回の旅ではコダクローム64を使っている。
歴史もあるし、色の保存性が優れていると評判だったので。
貴重な記録にはこれかなと。

市内に、まだオープンしたてらしいカメラのキタムラがあった。
品揃えも豊富でもちろんコダクローム64もあった。
比較的安く補充できたので良かった。

道路標識に「長崎90km」とあった。
もうすぐだ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ