2007/5/20  10:59

ニセコに行く  1996〜97原付日本一周

1996年7月

土砂降りで散々な目にあった東大沼キャンプ場を後に、新天地を目指してベンリイ号と共に走る。
地図でニセコ町を探し、そこに向かうことにした。
毎週土曜に走行展示しているというC62 3号機が目当てである。

当初は曇りがちだったが、北上するにつれ天気が良くなってきた。
途中、長万部でカニ飯を食べる。
道路沿いに「カニ飯」の看板が立ち並んでいる所があって、ならば食ってみようじゃないかというわけだ。

しかし1000円払った割には感激は薄い。
所詮はドライブインの飯なのか?
カニ飯街道長万部と聞いたが?いや、たまたま入った店が悪かったのだろう、と言い聞かせることにする。

とっとと立ち去り、さらに北上を続ける。
北海道は道が広い。
そのため車もよう飛ばす。ペースが上がり勝ちになるがこっちは原付。
おさえておさえて。
現に、ねずみとりがレーダーで待ち構えている事もあった。

さて、さらに走ると前方に存在感のある山が見えてきた。
羊蹄山だった。
さすがエゾ富士と言われているだけのことはある。美しいシルエットの山だ。
いつかきっと登ってやる。(その後1998年に登りました。その話はまたいつか・・)

ニセコ駅についたがどうも様子が変だ。
シロク二(C62の愛称)の姿が見えない。
観光案内所のお姉さんに聞いたら、もう走っていないという。

ええ〜!?

なんと、1995年の11月20日を最後に中止になってしまったそうだ。
蒸気機関車は、一回走らせるのに膨大な費用がかかってしまうのだそうだ。
札幌の隣の駅苗穂の機関庫で休んでいるらしい。
残念だがこれが現実とあきらめる。
クリックすると元のサイズで表示します

ニセコの町はけっこう起伏が激しい。
荷物満載のベンリイ号にはきつい登り坂だ。
冬は良質な雪が積もるためスキーなどでにぎわうらしい。
そのため、ペンションが立ち並んでいる。
その中にライダーハウスの看板があったので、今日の宿泊場所とした。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ