2008/12/7  21:32


1997年5月10日

与那国へ向けて出発の日。
いつものように荷物をまとめ、バイクにくくりつける。
荷物が多くて困る。
余計な物を早く家に送り返さなくては。
8:30頃キャンプ場出発。
いつものトンネルの道ではなくて、名蔵の方を走った。

八重山巡りで、船に良く乗るから、切符を買うのも慣れてきた。
与那国行きのフェリーに乗る。
船にバイクを入れ、ギヤを入れて車輪をロックする。
あとは船員さんに任せて、船室に入り、出航を待つばかり。

スズキのMXという古いオフロード車のライダーさんと、頭を丸刈りにした一見巡礼者のような姿をした女の子がいた。
10:10頃だったか、出航。
クリックすると元のサイズで表示します

MXの人は日本一周中という。
話し好きな人だ。
丸刈りの女の子は、元新聞社系のフリーカメラマンで、雑誌や新聞などに撮った写真が載っていたらしい。

最近仕事を辞めて、旅に出たという。
愛機はプラウベル・マキナの6×7とコニカのヘキサー。
マキナにはT-MAXを、ヘキサーにはコダクローム64を詰めていた。
僕はカメラが好きだから、話がけっこうはずんだ。

石垣島の裏の植木屋で買ったというクバガサをかぶり、これに杖でも持たせたら、本当に巡礼者だ。足はサンダルだし。

3人でなんやかんやと話していたら、途中揺れることはあったが船酔いの「よ」の字もなくてホッとした。
与那国フェリーは別名「ゲロ船」と呼ばれるほど、揺れて酔いやすい船らしいのだ。

海を見ると、飛び魚がヒラリと海面上を滑空している。
あいにく望遠レンズがないので、撮ることは出来なかった。

到着予定時刻はとうに過ぎているのだが、島は見えない。
「なかなか着かないね〜。」
などと話しているうちにやっと島影が見えてきた。
クリックすると元のサイズで表示します

まず、パッと見て感じたのは、「崖」というイメージだった。
これまでの八重山群島とは全く違った荒々しさがあった。

カメラマンの子はマキナを取り出し、パチリと撮っていた。

フェリーはゆっくりと接岸し、1時間遅れの15:30頃到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ