2008/3/14  22:16

小さなオルガンを作る 4  オルガン

沖縄の波照間島でとりあえず鳴るまでには作った、キラキラ星オルガン。

製糖期間が終わって引き上げる時に、郵送で他の荷物と共に家に送りました。
そして、家に帰ってから残りの仕上げをしました。
鍵盤を着色し、風箱やフイゴに装飾を施しました。
最後にニスを塗って、完成です。

改めて、内部の様子を。

鍵盤はボタン式で、先にピンが打ってあります。
ボードの四角い穴にはめ込んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

鍵を押すと、このようにピンが出て、直接弁を押し下げ、奥のパイプに風が行くわけです。
クリックすると元のサイズで表示します

パイプはこのように、丸く開けた穴に差し込んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

調律は、小型のチューニングマシンでやりました。
風を手動フイゴで起こすので、風圧が一定にはならないので、かなりアバウトな調律です。
とりあえず音階になって聴こえればいいやという感じ。

実際演奏してみますと、フイゴの空気の量が少ないため、すぐ息切れしてしまいます。
1小節とちょっとという所で、フイゴを引く感じです。
蛇腹をもう1段増やして、空気の容量を増やしたい所ですが、習作と言う事でこのままにしています。

最終的に仕上がった状態のキラキラ星オルガンです。
風箱の横にはロゼッタを彫りました。
クリックすると元のサイズで表示します

フイゴ側はこのような装飾を、絵の具で描きました。
クリックすると元のサイズで表示します

これを作って7年位になりますが、今も家に置いてあり、健在です。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ