「ココロの親父」縁側日記

趣味は川柳と絵。
昭和三十年台の縁側から純情親父が贈るココロの日誌。

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

twitter

twitter2

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ココロの親父
今回のオリンピックで、時折解説を聞く機会のあ
る、体操の森末さんと、陸上短距離の伊東さん。
彼らの言葉には傾聴の価値があるね。
彼らの若いころの求道がいかばかりだったか偲ばれ
る気がします。
後進のためには、彼らみたいに一代で道の向こうを
探求した人が登用される様であって欲しいね。
投稿者:ココロの親父
今回のオリンピック日本代表チームには、東京大会
の時以来の何かえも言われぬ光明がある。
日本の若者のその「何か」よ、輝け!!
ワシも感謝のようなものが溢れて応援しているぞ。
行くのジャ!ニッポン!!
ゴオゴオジャ!
投稿者:ココロの親父
野球、ソフトボールと、日本チームはオーストラリ
アにしてやられたが、オーストライアにはプロ・
リーグはまだないのかな?
若し、ベースボールのプロリーグがオーストラリア
に根づいたら、恐らく日本はもう太刀打ちできない
だろうな。
ヨーロッパの方では新大陸スポーツのステイタスが
今後も上がるとは思えないが、
新大陸の白人社会は話が違うと思うのだ。

ベースボールに限ったことではないが、
グローバルな風に晒されないオリコン感覚でなく、
ちゃんとビルボード感覚で、プロの仕事が行われ、
評価される社会にならねばと思う。

じゃあイチローは?と問われたら、
彼こそはたった独りですらそのカプセルの外の風を
基準に、自らを律してきた人じゃないか、とワシは
言う。
投稿者:ココロの親父
康生は、左手の人さし指か中指が折れるか外れるか
してたのじゃないだろうか?
そうでなければよいし、けれどそうであってえも言
わないと思う。
井上康生、北京で史上初の返り咲き金をかました
れ!

http://www.sankei.co.jp/news/040819/spo100.htm
投稿者:ココロの親父
福原愛ちゃんの、「さあ!」という気合い、
あれ、良いですね。
「さあ、次だ!」「ここからだ!」と言うニュアン
スがある。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ