ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
大鵬村(台湾)  海外の温泉

*2011年4月9日の記事に加筆しました。


2014年10月に前を通りかかると、

クリックすると元のサイズで表示します

名称が変わっていました。

入浴したのび先生から聞く範囲では、館内の雰囲気は変わっていないようで、値段も150元で同じでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2010年12月に立ち寄り湯しました。

金山温泉の日帰り施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

周辺には私たちが宿泊した「喜凱亞溫泉酒店」などの温泉ホテルや、「加投社区公共浴室」といった無料で入れる共同浴場や、日帰り温泉施設がたくさん並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

施設は極めてシンプルな造りで中に入ると、受付がありすぐ後ろに湯あがり休憩スペースが広がり、両サイドに個室風呂が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

150元(約450円)を支払い、入浴する部屋を指定されます。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入り、ドア横に上着掛けがあり荷物起き程度のベンチと、

クリックすると元のサイズで表示します

浴槽があるだけの個室です。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い栓をひねって、温泉を湯船に溜めて行く台湾式のシステムなのですが、最初ひねると湯気しか出てこないで、あれとか独り言を言っていると受付のお姐さんが来てくれて、手振りで教えてくれました。

私が来てくれと呼んだわけでもなく、困った様子を見てきてくれたのでしょうから親切なことです。

クリックすると元のサイズで表示します

お湯はやや白く濁ったとてもぴりぴり来る強酸性の硫黄泉です。

最初はぴりぴりですが、しばらくするとつるつる感がでてくるいい温泉でした。

気軽に玉川温泉のような強酸性硫黄泉に入浴できる施設でした。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ