ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
東京都品川区・戸越銀座温泉  その他関東の温泉

2011年1月に立ち寄り湯しました。

東急池上線戸越銀座駅から徒歩8分、都営地下鉄浅草線戸越駅から徒歩5分、戸越銀座商店街の少し脇に入ったところにあります。

クリックすると元のサイズで表示します

夜7時過ぎに行き、暗い中写真べたが撮影したのでわかりにくいですが、3階建てのモダンな造りとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

この入口の左側には、コインランドリーがあり銭湯であることを示しています。

1階の受付で450円の銭湯料金を支払い、お風呂は階段を上がって2階にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

月の湯と陽の湯の2つの浴室が、男女日替わりとなっていて、私が入浴した日は陽の湯が男湯でした。

クリックすると元のサイズで表示します

2階が軟水炭酸泉なる水道水の浴槽とカランがあり、3階に黒湯温泉の露天風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

混んでいたので、写真は撮れませんでしたが、2階はかなりオシャレな感じでしたが、人工炭酸泉でしたので入浴せず、3階の温泉露天風呂にゆっくり入りました。

5人も入ればいっぱいの小さめな浴槽で、壁に囲まれていますが、空を見上げると月が見えました。

お風呂の様子は、施設のHPで見てください。

かみさんに聞いたら、月の湯は2階が温泉で3階の露天が水道水使用だったそうです。

2階の男女浴室にまたがっている富士山の壁絵は、古き銭湯のオーソドックスな富士山と、少し前衛っぽい富士山が描かれているのが見ることができます。

ちょっと銭湯とは思えないお風呂でした。

黒湯温泉はさらりとしたお湯でした。

1階の奥の湯あがり処もこじゃれていて、そこでは飲み物や軽食を食べることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

おしゃれでモダンな銭湯でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://togoshiginzaonsen.com/index2.html
【泉質】 ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉    
【PH・泉温】 PH8.61 20.9℃
【立ち寄り営業時間】 15:00〜25:00 日祝日は8:00〜12:00朝風呂有り
【立ち寄り料金】 450円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ