ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2021年秋休み温泉旅 2日目  只今、旅行中

朝は5時半に目が覚めてしまいました。

部屋に温泉風呂があり、宿の大浴場には昨日入っていませんが、朝風呂は温泉街を

クリックすると元のサイズで表示します

歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜は外から見ただけの

クリックすると元のサイズで表示します

古総湯に入浴します。

クリックすると元のサイズで表示します

外観もいいのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所一体の浴室の雰囲気も素晴らしい。

そして、掛け流しの温泉も最高。

湯上りは浴室から階段で上がった休憩室からの

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街を見下ろす眺めも

クリックすると元のサイズで表示します

中々で、道後温泉会館を思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

大満足で宿に戻り、朝食。

クリックすると元のサイズで表示します

バイキングですので、こんな具合です。

連泊なので、部屋でのんびりとしようと思いましたが、古総湯には大満足ですが、温泉街は昨日から歩いて、見所がさほどという感じで、お天気もいいのでドライブに出かけることにしました。

9時前にホテルを出発、昨日立ち寄った山中温泉を素通りしかかると、道の駅が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄るつもりは無かったのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな電車が保存されていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

衝動的に寄ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう電車を見られるのは、嬉しいですね。

半世紀前までは、山代温泉、山中温泉に電車で行けたんですよね。

そこから更に西に進み、峠を越えて、ホテルを出て40分くらいで福井県に入ります。

昨日は加賀温泉郷湯巡り、今日は日本史の舞台巡りにしようと思っていますが、旧東古市駅、現在の永平寺口駅が現れたので、立ち寄ります。

クリックすると元のサイズで表示します

レンガ造りの変電所であった建物の

クリックすると元のサイズで表示します

横にある駅舎もいい感じですが、

クリックすると元のサイズで表示します

映画男はつらいよの舞台になった

クリックすると元のサイズで表示します

旧駅舎も

クリックすると元のサイズで表示します

保存されています。

クリックすると元のサイズで表示します

昔の写真が展示されていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

大切にされているのはいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、福井行き、勝山行き、試運転列車と3本並んだのを見られて、鉄分補給です。

この駅から以前、永平寺駅までの永平寺線という路線がありましたが、廃線となって久しく、その廃線跡に並行した道路を走り、一旦永平寺を過ぎて、山代温泉から50キロほど走って、一乗谷に着きます。

クリックすると元のサイズで表示します

有力戦国大名として名を轟かせていましたが、織田信長によって滅ぼされた朝倉氏の本拠地であった場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな隆盛を極めた時代があったとは思えない雰囲気ですが、織田信長の破壊が徹底していたということでしょうか。

ですが、地道に復元作業が進められているのは素晴らしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

300円の入場料で、

クリックすると元のサイズで表示します

往時ほどではないのでしょうが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

街並みが再現されています。

クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ復元途中なのか、

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい取り組みです。

朝倉氏滅亡時の当主義景の館跡は、

クリックすると元のサイズで表示します

門と塀は復元されていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

屋敷内は柱石が掘り出されたまでで、夏草やの芭蕉の句がしっくり来る感じです。

しかも今日も快晴で暑く、秋休みではなく夏休み気分です。

1時間ほど一乗谷朝倉氏遺跡に滞在して、来た道を引き返し、続いては永平寺に向かいます。

お寺に行く前に、廃線になった永平寺線の終着駅であった永平寺駅の

クリックすると元のサイズで表示します

跡地へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームの跡影はありませんが廃線跡はサイクリングロードとして整備され、

クリックすると元のサイズで表示します

永平寺駅跡から少しだけですが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなカートのような乗り物が、

クリックすると元のサイズで表示します

走っています。

時間が合わず乗れませんでしたが、ちょっと嬉しい感じです。

さて、禅宗の曹洞宗の総本山、一度は参詣してみたいと思っていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、出来ません。

参拝入山料?支払い場所でもある案内所は開いていて、

クリックすると元のサイズで表示します

中には入れましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

無人で事情は分からず、

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず雰囲気だけでも感じようと、

クリックすると元のサイズで表示します

行ってはみました。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口でも厳かな雰囲気ですが、すごすご引き返して、帰りはお土産屋さんが並ぶ参道を歩き、

クリックすると元のサイズで表示します

お土産屋さんを覗くと、山門までは行けて、しかも山門の中にはいつもは入れないと教えてもらい、再び引き返して山門へ。

クリックすると元のサイズで表示します

いやはやさすが総本山、山門だけでも迫力があります。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、いい経験をできたと思うことにして、参道を下り、

クリックすると元のサイズで表示します

永平寺蕎麦ことおろし蕎麦の昼食を食べました。

暑いので、さっぱりしたおろし蕎麦は美味しいですね。

かみさんが恐竜博物館に行きたいとのことで、しかし、親切なお土産屋さんがそれを聞いて電話してくれて、コロナ禍での臨時休館中という事はわかっていましたが、私的には、えちぜん鉄道の終着駅である勝山駅を見たいと思い、勝山に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

いやはやあちこちに恐竜がいて、

クリックすると元のサイズで表示します

その上、休館中とはいえ、

クリックすると元のサイズで表示します

結構外からも

クリックすると元のサイズで表示します

ちらほら見ることができるのでした。

かみさんは満足したようで、勝山駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史を感じさせる駅舎と、

クリックすると元のサイズで表示します

保存車両もあり、私は鉄分補給。

駅前にも恐竜がいて、

クリックすると元のサイズで表示します

かみさんも満足。

駅舎内には、カフェがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

今はコロナ影響でテイクアウトだけなので、水出しアイスコーヒーとオレンジジュースを買って車の中で水分補給。

思いつきで訪れた勝山でしたが、なんだか楽しかったです。

予定より2時間オーバーとなり、山代温泉に戻りにかかりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅併設の

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設があるので、

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

地元民多めという感じの施設。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯より露天風呂、それより掛け湯が一番温泉らしさが感じられましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

久々に地域に根ざした温泉施設に入浴できた気がしました。

山代温泉に戻ったのは出発してから8時間後、3時間ほど遅くの帰着となりました。

夕食は昨夜、温泉街で開いているお店が少なく、立ち寄り湯した禅の湯で、美味しそうなものを売っていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋で、部屋の温泉に入っての湯上りビール飲みながらの夕食。

今日は中秋の名月とのことで、古総湯へ。

クリックすると元のサイズで表示します

以外と雲があり、絶景とならずでした。

連泊中日でしたが、宿にはあまりいないお隣福井県満喫の一日となりました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ