ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
少し寄り道  只今、旅行中

今回の旅の初日は下田駅でレンタカーを借りて、「リブマックスリゾート伊豆下田」に一泊。

そのあと、下加茂温泉で立ち寄り湯と昼食を食べて、西海岸沿いを北上して、

クリックすると元のサイズで表示します

土肥温泉の少し北にある「頬杖の刻」に連泊しました。

連泊中日は宿から一歩も外に出ませんでした。

帰りは下田駅には戻らず、国道136号線を走りますが、

クリックすると元のサイズで表示します

東に進み、修善寺駅でレンタカーを返却します。

という事で、山中を走りますが、駅の少し手前の修善寺温泉街に寄り道しました。

クリックすると元のサイズで表示します

修善寺駅はこれまで何回も乗降して、土肥、松崎方面に向かうバスに乗る事が何回もありましたが、そのバスは温泉街を通らず、駅から温泉街行きのバスに乗らないと行けず、生まれて初めての修善寺温泉です。

源頼家が入浴中に暗殺され、

クリックすると元のサイズで表示します

夏目漱石が死にかけた場所に立つ、

クリックすると元のサイズで表示します

歴史があるのですが、はてどうなんだろうという由緒がある場所に20年ほど前に建てられた、

クリックすると元のサイズで表示します

共同浴場の「筥湯」に入浴してみました。

受付のおじさんが怖い感じの人で、やはり恐ろしい場所なのかと思いましたが、木をふんだんに使ったゆったりした造りの浴室はいい感じですし、アルカリ性単純温泉は優しい浴感で、さすがは名湯なのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街をぶらぶら歩き、川の真ん中にある現在は足湯ですが、以前は共同浴場であった「独鈷の湯」を

クリックすると元のサイズで表示します

見物します。

クリックすると元のサイズで表示します

うーん、たしかにこれだけオープンでは入浴できないなあ。

修善寺に

クリックすると元のサイズで表示します

山門をくぐった横に、

クリックすると元のサイズで表示します

おおっ、寺の温泉があります。

ただ、

クリックすると元のサイズで表示します

筥湯と同じ、共同管理されたお湯のようではありました。

古い建物がリノベされていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

滞在してみたい

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街でした。

レンタカー返却時間が迫るので、1時間くらいしか時間がないのが残念でした。

レンタカーを返却して、修善寺駅からは伊豆箱根鉄道駿豆線の各駅停車に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

引退間近の国鉄型車両の踊り子号がいましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

お別れは済ませたという事で、

クリックすると元のサイズで表示します

ボックスシートの各駅停車で、雲がかかり具合だったのが残念でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

富士山を眺めながら30分ほどで三島駅に到着。

そこからは新幹線に乗ると、

クリックすると元のサイズで表示します

ガラガラでした。

クリックすると元のサイズで表示します

のぞみやひかりに抜かれながらも、50分ほどで東京駅に到着し、旅はおしまいとなりました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ