ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
佐渡島初上陸  只今、旅行中

天気は悪いものの、それほど揺れることなく2時間半ほどで両津港に到着。

初めての佐渡島をレンタカーで回り始めます。

まずは、開湯800年、佐渡島最古の温泉とされる、新穂潟上温泉にて、

クリックすると元のサイズで表示します

佐渡島初温泉。

クリックすると元のサイズで表示します

循環らしいですが、いいお湯ですし、従業員の方も感じがいいです。

続いて、昼食は佐渡島グルメ?のブリカツ丼。

クリックすると元のサイズで表示します

中々美味しいですね。

食後は、トキを初めて見るべく、

クリックすると元のサイズで表示します

トキの森公園へ。

最後のトキの剥製は何とも言えないものがありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

職員の方々が熱心に説明してくれる熱意が素晴らしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

トキは遠目で見る感じになりましたが、何だか来てよかったという気持ちになりました。

ここに来る途中に、多分野生のトキが飛んでいるのを見たと思うのですが、色々教わってそう思うので、真偽はわかりません。

宿に向かう前に、もう一軒立ち寄り湯します。

クリックすると元のサイズで表示します

入口には人気がなく、

クリックすると元のサイズで表示します

お金を置いて、入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかディープな感じですが、モール泉系の肌触りのいいお湯で、これまた満足。

そして、宿も

クリックすると元のサイズで表示します

温泉宿。

クリックすると元のサイズで表示します

いいお湯なのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

国仲平野を東西に横断しての温泉巡り状態であったので、島に来ている感じがあまりしませんでしたという初日です。

2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ