ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
旅はおしまい  只今、旅行中

他県への観光自粛解除という事での、3ヶ月ぶりの宿泊しての温泉旅。

解除とは言っても、感染防止を意識してなので、以前と全く同じようとはいきません。

三密を避けるため、素泊まり、お部屋に温泉露天風呂が付いている宿。

クリックすると元のサイズで表示します

全室露天風呂付きのホテルなので、大浴場は基本混雑しなそうですが、空いている時を見計らって、

クリックすると元のサイズで表示します

一回だけ入浴にとどめました。

金曜日、土曜日ともほぼ20室以上が埋まるほぼ満室ではありました。

立ち寄り湯は、個室の日帰り温泉施設である「あざみ」を検討していましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

6月いっぱい休業で入れず、結果はどこにも寄りませんでした。

食事は外にしましたが、金曜日の夕食は私達だけしかいない状況で焼肉屋、土曜日の昼はガストで、夕食はこちらでカレーを食べようとしたら、

クリックすると元のサイズで表示します

結構少なめに用意せざるを得ないのでご飯が終わったと、自粛の影響はまだまだあるのでした。

なので朝2回と夕食1回はコンビニで購入という羽目にはなりました。

逆に、東武ワールドスクエアは、こういう時期だからこそ、三密にならず、じっくりと見られました。

クリックすると元のサイズで表示します

移動手段は行きも、帰りも特急スペーシアけごん号で、北千住ー下今市間を往復。

クリックすると元のサイズで表示します

リバティにも乗りたい気もしましたが、寄り道せずに帰りもスペーシアに乗車しました。

クリックすると元のサイズで表示します

東武日光発着のけごん号だったので、往復とも車内は密になりませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

鬼怒川温泉駅発着のきぬ号や、会津田島発着のリバティ会津は満席ではないものの、指定席予約サイトでは、まあ密の状態でした。

SL大樹も6月いっぱい休業。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の機関車は、機関庫内で

クリックすると元のサイズで表示します

蒸気を出す音を出していましたが。

鉄分補給はスペーシアと、鬼怒川線の普通列車の
クリックすると元のサイズで表示します
ボックスシート

クリックすると元のサイズで表示します

くらいで、土曜日はそこそこ晴れ間がありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

金曜日は雨で、今日は曇り。

クリックすると元のサイズで表示します

通常なら物足りない感じかもしれませんが、自粛復帰初戦であり、まずはこうやって温泉にゆったり漬かれる事が、ありがたい幸せです。

東京都では相変わらず30人以上感染者が出ており、4月、5月の状態に戻る可能性はいつでもすぐそばにありそうだからです。

2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ