ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2020年春の振り返り(1)コロナ影響  徒然記

新型コロナウイルス流行により、世の中は大きく変わり、したがって私の生活も大きく変わりました。

2019年12月 中国湖北省の武漢市で、原因不明の肺炎患者確認

2020年1月16日 国内初の感染者確認

2020年2月5日 横浜港入港のダイヤモンドプリンセンス号で感染確認。
          14日間の船上隔離

2020年2月13日 国内初の死者確認

2020年2月27日 首相が全国の学校に臨時休校要請

2020年3月12日 WHOがパンデミックに認定
          (この時点で世界の約12万人、国内553人が感染)

2020年3月24日 東京オリンピック1年程度の延期

2020年3月25日 都知事が週末外出自粛を要請

2020年4月3日 世界の感染者100万人を突破

2020年4月7日 首相 7都道府県に緊急事態宣言発出(5月6日まで)

2020年4月16日 全国に緊急事態宣言拡大

2020年4月18日 国内感染者数1万人を突破

2020年5月4日 緊急事態宣言延長(5月31日まで)

2020年5月14日 首都圏、関西圏、北海道の8都道府県以外で緊急事態宣言解除

2020年5月21日 関西圏3県の緊急事態宣言解除

2020年5月25日 緊急事態宣言を全国で解除

5月末時点で、世界で感染者数約590万人、死者約36万人。
国内では感染者数約16万人、死者数は約900人もの方がいます。

3か月間で、世界で50倍、日本でも30倍の感染者増加というパンデミックは、初めての経験でした。

私の生活では、3月は3密を避ける工夫を仕事・通勤でもプライベートでもするようにという自粛スタンスとなり、4月の緊急事態宣言発出後は、原則在宅勤務とプライベートも不要不急の外出はしないというスタンスに自粛度合が強くなりました。

今生きている人が経験したことのないパンデミックですから、備えは不十分、更に対策は手薄で後手になるのはある意味当然となり、そんな中で、医療従事者はじめ外で勤務しなくてはいけない方々には改めて尊敬と感謝の気持ちを捧げたいと思います。

また補償なき休業要請から始まり、援助制度があとから出てきたものの手続きが手間がかかり、窮地に追い込まれる方々が多くいるのには胸が痛む思いです。

私にできることは、移されない、移さないという感染拡大をしないという役割でした。

感染しても自分は大丈夫かもしれないけど、人に移すことでその方を重症化させるかもしれないというのが、このコロナウイルスの厄介なところです。

自粛疲れという言葉まで流行となりました。

感染拡大をしない役割の私は、一歩も家から出ないが究極のやるべきこととなりますが、それではコロナウイルスにはならなくても、別の病になってしまいます。

平時は在宅勤務、休日は感染拡大しない行動をしながら、俗にいう自粛疲れとならない工夫をする3か月でした。

そんな工夫が近所のお散歩の仕方でしたが、それはまた改めて記事にします。

緊急事態宣言解除となっても、通常に戻るわけではなく、感染拡大(というのは移されない、移さないの両方です)防止の工夫の仕方を変えなくてはいけなくなったステージになっただけです。

工夫の仕方を考えるのを楽しめるようにする六月ですね。




1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ