ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
台湾鉄道乗車記録  海外旅行

九州くらいの面積の台湾には、国鉄に当たる台湾鉄路管理局の路線網があり、更に新幹線にあたる台湾高速鉄道、そして、都市交通として、台北、高雄、桃園、台中にはMRTという地下鉄・新交通システム、淡水、高雄にはLRTという路面電車が走ります。

また台湾の名山阿里山を登る阿里山森林鉄道や、元々は木材やサトウキビを運搬していて本来の役割は終えつつも、観光鉄道として運行されているトロッコ列車である五分車もあり、こ鉄には旅の楽しみを増やしてくれます。


台湾高速鉄道

南港ー(高鉄)左営 348.5q

日本の新幹線技術を使って、2007年に開業しました。

クリックすると元のサイズで表示します

東海道新幹線と同系列の車両が最高速度300キロで走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

普通車(指定席・自由席)

日本の新幹線と同じく、2列+3列の座席配置です。

クリックすると元のサイズで表示します

商務車(グリーン車に相当)

2列+2列の座席配置です。商務車専門アテンダントが乗務し、新聞、コーヒー、お菓子の無料サービスがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

12駅あり、私は板橋駅と彰化駅以外の10駅では乗り降りしました。

在来線にあたる台鉄と駅が同じなのは、南港、

クリックすると元のサイズで表示します

台北、板橋駅、台中(台鉄は新鳥日駅)、

クリックすると元のサイズで表示します

苗栗(台鉄は豊富駅)、

クリックすると元のサイズで表示します

左営(台鉄は新左営駅)の6駅。

新幹線の駅開業後に台鉄が支線を作り接続しているのが、新竹(台鉄は六家駅)、

クリックすると元のサイズで表示します

台南(台鉄は沙崙駅)の

クリックすると元のサイズで表示します

2駅あり、桃園(桃園MRTとは接続)、

クリックすると元のサイズで表示します

彰化(乗り降りしたことがありません)

雲林、

クリックすると元のサイズで表示します

嘉義の

クリックすると元のサイズで表示します

4駅は新幹線の単独駅となっています。

旅情は不足がちですが、台北、台中、台南、高雄の四大都市を早く快適に移動できるので重宝するのは間違いありません。


台湾鉄路管理局


全線フリーパスが、外国人向けにあります。

クリックすると元のサイズで表示します

指定席の購入はネットでもできますし、

クリックすると元のサイズで表示します

駅の窓口でも

クリックすると元のサイズで表示します

筆談で簡単に購入できます。

あまり見かけませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

冊子の時刻表もあります。


○路線

クリックすると元のサイズで表示します

◇環島幹線路線

約880キロ、鉄道で台湾を一周できます。

クリックすると元のサイズで表示します

・縦貫線 基隆ー高雄 399.8q

・縦貫線枝線(海岸線)竹南−彰化 90.2q

彰化には、転車台がある扇形の機関庫があり、無料で見学できます。

クリックすると元のサイズで表示します

・成追線 成功ー追分 2.2q

山線と海線をショートカットする路線です。

追分駅と

クリックすると元のサイズで表示します

成功駅の間を一駅で結びます。

クリックすると元のサイズで表示します

この区間の切符

クリックすると元のサイズで表示します

縁起がいいそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

・屏東線 高雄−枋寮 61.3q

・南迴線 枋寮−台東 98.2q

・台東線 花蓮−台東 150.9q

・北迴線 蘇澳新−花蓮 79.2q

・宜蘭線 八堵−蘇澳 93.6q

◇非電化ローカル支線

・平渓線 三貂嶺−菁桐 12.9q

クリックすると元のサイズで表示します

・深澳線 瑞芳−八斗子 4.7q(2016年12月延伸の海科館ー八斗子0.5qは未乗

・内湾線 北新竹−内湾 26.5q

クリックすると元のサイズで表示します

・集集線 二水−車埕 29.7q

クリックすると元のサイズで表示します

線内の一日乗車券が販売されています。

クリックすると元のサイズで表示します


◇新幹線接続新線

・六家線 竹中−六家 3.1q

新幹線の新竹駅接続のための新線です。

クリックすると元のサイズで表示します

・沙崙線 中洲−沙崙 5.3q

新幹線の台南駅接続のための新線です。

クリックすると元のサイズで表示します

・旧山線 三義−后里 15.9q【鉄道では未乗車】

*勝興ー龍騰ー南断橋秘境ー恋魚潭は、

クリックすると元のサイズで表示します

レイルバイクで営業中(勝興ー南断橋秘境間に乗車しました。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


○列車

◆自強号・・・日本の特急列車に該当します。

新幹線が走っていない東部幹線のみならず、新幹線並行の西部幹線でも在来線の特急列車が活躍しているのは、日本と大きく違っています。

◇PP(プッシュプル)

一番前と後ろに電気機関車が連結されている客車列車です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

◇ディーゼルカー

電化工事が進み、近い将来なくなることになりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

◇太魯閣号

JR九州の特急電車

クリックすると元のサイズで表示します

と同系列の電車です。

クリックすると元のサイズで表示します

ハローキティ塗装も走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

◇普悠瑪号

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

◆莒光号 ・・・日本の急行列車に該当します。

クリックすると元のサイズで表示します

「環島之星」 という島内一周する観光列車も走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

◆復興号・・・日本の準急列車に該当します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

◆普通列車

・普快車・・・冷房がない各駅停車。台東ー坊寮を1往復している列車だけになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

・区間車・・・冷房がある各駅停車です。

@電車

・EMU500

クリックすると元のサイズで表示します

・EMU600

クリックすると元のサイズで表示します

この電車だけではありませんが、車掌のドア開閉はなぜか客室内で行ないます。

クリックすると元のサイズで表示します

・EMU700

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな塗装の電車も走っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

・EMU800

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Aディーゼルカー

非電化のローカル支線で、DR1000が走っています。

・平渓線+深澳線

クリックすると元のサイズで表示します

・内湾線

クリックすると元のサイズで表示します

こんな観光車両?が走っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

・集集線

クリックすると元のサイズで表示します

こんな観光車両に

クリックすると元のサイズで表示します

乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します


○駅弁

メニューのバリエーションは多くはありませんが、日本と違い、安くて、あたたかいのが台湾の駅弁です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ふたに描かれる列車の絵も旅気分を高めてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

電車の形をしたお弁当もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

一方で、列車の絵がないお弁当もあります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

主要駅や優等列車での車内販売で駅弁は簡単に購入できます。

ただ、かつてはホームでの駅弁の立ち売りがありました。

2011年には、福隆駅で

クリックすると元のサイズで表示します

短い停車時間で

クリックすると元のサイズで表示します

初めて買い、2012年の池上駅でも、ホームの立ち売りで

クリックすると元のサイズで表示します

買って食べたのは

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いい思い出です。

ホームの立ち売りは廃止になりましたが、駅前のお店で購入することはできます。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームでは買うことはできませんでしたが、池上と同じく台湾の米どころの関山駅の

クリックすると元のサイズで表示します

駅前の二軒ある駅弁屋さんで

クリックすると元のサイズで表示します

食べ比べも

クリックすると元のサイズで表示します

しました。



台北捷運(MRT) 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

○文湖線系統

クリックすると元のサイズで表示します

無人運転の

クリックすると元のサイズで表示します

新交通システムの路線です。

・内湖線 中山国中 - 南港展覧館 14.8km
・文山線 動物園 - 中山国中 10.9km 

○淡水信義線系統

・淡水線 淡水 - 中正紀念堂 23.2km 
・信義線 中正紀念堂 - 象山 6.4km

○新北投支線 北投 - 新北投 1.2km

区間折り返し電車が運行され、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉に行く路線らしくこんな車両もありました。

○松山新店線系統

・新店線 新店 - 中正紀念堂 9.3km
・小南門線 中正紀念堂 - 西門 1.6km
・松山線 西門 - 松山 8.5km

○小碧潭支線 七張 - 小碧潭 1.9q 【未乗】

○中和新蘆線系統

・新荘線 古亭 - 迴龍 19.7km (大橋頭ー東門 乗車
・蘆洲線 大橋頭 - 蘆洲 6.4km 三重ー大橋頭 乗車
・中和線 南勢角 - 古亭 5.4km 

○板南線系統

・南港線 南港展覧館 - 西門 13.5km
・板橋線 西門 - 府中 7.2km (龍山寺ー府中 未乗
・土城線 府中 - 頂埔 7.6km  【未乗】 

淡海軽軌(ライトレール) 
2018年12月に開業した新しい路面電車です。

・緑山線 紅樹林ー崁頂 7.3キロ

クリックすると元のサイズで表示します

各駅が台湾を代表する絵本作家ジミーさんのデザインです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今後さらに延長していく計画になっています。


桃園機場捷運

台北車站ー環北 51.1q (高鉄桃園ー環北 4.8q 未乗

台北駅と桃園国際空港を結ぶMRTで2017年に開業しました。

桃園空港からの移動が速くて快適になりました。

クリックすると元のサイズで表示します


高雄捷運

クリックすると元のサイズで表示します

○紅線系統

・本線 小港ー南岡山 28.3q (橋頭ー美麗島間の乗車)

○橘線系統

・本線 西子湾ー大寮駅 14.4q ( 西子湾ー美麗島間の乗車)

クリックすると元のサイズで表示します

○ 環状軽軌

 籬仔内ー哈瑪星 8.7q (前鎮之星-哈瑪星間の乗車)

クリックすると元のサイズで表示します


五分車(軽便鉄道) 

こうやって大切に保存され運行しているのが素晴らしいですね。

○烏来観光台車 烏來ー瀑布 1.5q

クリックすると元のサイズで表示します

○台糖(台湾糖業股份有限公司)

・新営糖廠 八翁線 新営ー八老爺 4.6q 

クリックすると元のサイズで表示します

・橋頭糖廠 橋頭線 捷運橋頭糖廠ー花卉農園中心 1.5km

クリックすると元のサイズで表示します

・大平山蹦蹦車 大平山ー茂興 3キロ

クリックすると元のサイズで表示します


ロープウェイ

〇猫空ロープウェイ 動物園ー猫空 4,0q

クリックすると元のサイズで表示します

床が

クリックすると元のサイズで表示します

ガラス張りのゴンドラもあります。

○日月潭ロープウェイ(日月潭纜車) 日月潭ー九族文化村 1.9q

クリックすると元のサイズで表示します


阿里山森林鉄路 【未乗】

阿里山線 嘉義ー沼平 72.7q(2009年八八水災以降、十字路ー神木14.3q運休中)

祝山線 沼平ー祝山 5.0q

眠月線 十字分道ー石猴 6.4q(1999年台湾大地震以降、運休中)

クリックすると元のサイズで表示します

現在、災害による不通区間があり、乗っていません。

ぜひ、乗ってみたい登山鉄道です。

鉄道保存遺構

◆旧 新北投駅舎

台鉄淡水線と新北投支線は1988年に廃止となり、1997年にMRTとして生まれ変わりました。

MRT新北投駅の横に

クリックすると元のサイズで表示します

2017年に往年の駅舎が

クリックすると元のサイズで表示します

復元されました。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームには往時の客車も保存展示されています。

◆高雄港駅跡

1900年開業、現在の高雄駅ができる1941年までは、ここが高雄駅でしたが、高雄港駅に改称、1962年に旅客営業廃止、貨物輸送も1995年に廃止。

駅舎は保存され、

クリックすると元のサイズで表示します

資料館になっていて、

クリックすると元のサイズで表示します

LRTの駅ができた横には

クリックすると元のサイズで表示します

SLが保存されています。

少し歩いたところには、鉄道博物館があり、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾全土の鉄道シーンが再現されている

クリックすると元のサイズで表示します

大ジオラマや、往年の高雄駅周辺を描いたVRなど見どころがありました。

なお、縦貫線の高雄駅も地下化されましたが、往年の駅舎は記念館として保存されています。

クリックすると元のサイズで表示します

◆旧花蓮駅

台東線の線路付け替えにより、1982年に廃駅。鉄道文化公園として整備されている。

クリックすると元のサイズで表示します

◆旧台東駅

南廻線延伸による台東線線路付け替えにより、2001年に廃駅。鉄道芸術村として整備されている。

クリックすると元のサイズで表示します

◆羅東森林鉄路廃線跡

1924年に竹林ー土場間30.0qが開業。大平山の木材運搬に活躍も1979年に廃線。

クリックすると元のサイズで表示します

羅東駅近くの竹林駅周辺は、

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎や往年の車両が保存され、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

羅東林業文化園区として整備されています。

クリックすると元のサイズで表示します

また、終着駅の土場駅周辺も、駅舎と

クリックすると元のサイズで表示します

車両や

クリックすると元のサイズで表示します

列車が

クリックすると元のサイズで表示します

保存されています。

部分的に復活運転する計画も進んでいるようです。

◆旗山駅跡

九曲堂-旗山間を結ぶ台湾糖業鉄道旗尾線の駅として1910年開業。1973年に旅客営業休止となり、1978年に正式に廃止。

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎は無料の資料館として保存

クリックすると元のサイズで表示します

ホームには

クリックすると元のサイズで表示します

往年の機関車と

クリックすると元のサイズで表示します

客車が保存されています。

クリックすると元のサイズで表示します

資料館ではお土産の販売もしています。

◆虎尾駅跡

1910年台湾糖業鉄道斗南線の駅として開業。1975年に旅客営業廃止。

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎は観光案内所として

クリックすると元のサイズで表示します

使用されています。

保存車両もありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

製糖工場はまだ稼働していて、

クリックすると元のサイズで表示します

貨物輸送は行われています。

とはいえ、全盛時から見ると細々残っている状態で、

クリックすると元のサイズで表示します

廃線になった鉄橋が観光用の歩道になっていたりします。

◆(番外編)福井食堂

縦貫線の杜頭駅から

クリックすると元のサイズで表示します

数分の場所にある

クリックすると元のサイズで表示します

食堂です。

クリックすると元のサイズで表示します

座席が昔の客車の椅子であるだけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

上の階には、

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道関連の収集物が、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

沢山展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

食堂の名前にちなんだ日本のサボまであります。

食堂の方は皆いい感じの人たちで、

クリックすると元のサイズで表示します

記念の切符?や

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道雑誌までいただいてしましました。

クリックすると元のサイズで表示します

また、再訪したい食堂です。

2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ