ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2020年1月26日こ鉄&日帰り温泉の旅A両神温泉 薬師の湯  只今、旅行中

三峰口駅でぼんやり時間を過ごして、小鹿野町営バスに

クリックすると元のサイズで表示します

乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

三峰神社行きのバスは満員でしたが、こちらは私達だけの貸切状態。

カカシがあちこちにいる

クリックすると元のサイズで表示します

贄川宿を

クリックすると元のサイズで表示します

過ぎ、乗り降りないまま20分ほどで、薬師の湯バスターミナルに到着。

クリックすると元のサイズで表示します

バスはまだ先まで行きますが、10分ほど停車するとの事で何でかなと思っていたら、二本バスがやってきて接続を取っているのでした。

薬師堂を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

脇道に入ると、復原竪穴式住居があり、

クリックすると元のサイズで表示します

その向かいには、中国風の建物。

クリックすると元のサイズで表示します

埼玉県と中国山西省友好の建物だそうですが、ややびっくり。

目的の、国民宿舎両神荘に着いたものの、

クリックすると元のサイズで表示します

機器メンテナンスの為、日帰り入浴は本日出来ないとのことで、落胆。

やむなく、バスターミナルがある道の駅の日帰り入浴施設である、薬師の湯にて、

クリックすると元のサイズで表示します

入浴します。

クリックすると元のサイズで表示します

加温循環、やや塩素臭と、残念ではありますが、冷えた体を温めるには充分です。

入浴後は、道の駅の向かいのこちらで、

クリックすると元のサイズで表示します

小鹿野町名物、ワラジカツ丼を

クリックすると元のサイズで表示します

食べ、満足。

三峰口駅行きバスで、三峰口駅に引き返しました。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ