ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
ワールドカップアジア二次予選  徒然記

月曜日からひいた風邪は悪くもならないけど、良くならないまま金曜日。

昨日は2022年カタールで開催のサッカーワールドカップの、アジア地区二次予選、日本ーキルギスの試合がありました。

二次予選出場の40カ国をFIFAランキング順、つまりは強いとされる順に並べて、1〜8位をポット1、9〜18位をポット2という具合に、五つのポットにランク付けしたうえで、5カ国ずつグループA〜Hの8組に割り振ります。

そして、各グループにはポット1〜5が1カ国ずつ割り振られます。

ホームアンドアウェーで総当たりして、グループ1位の8カ国と、2位の中の上位4チームの計12カ国が最終予選に進み、6カ国ずつ二つのグループに分かれて、各組上位2カ国がワールドカップ本大会出場権を得るという仕組みです。

二次予選が順当に実力通りに行けば、ポット1から5の順位がつくはずです。

ところが昨日までで8組全てで1回総当たり4試合ずつが終了した時点で、ポット1の8カ国の成績は、

日本、オーストラリアが4勝全勝、1位

カタール3勝1分、1位

サウジアラビア、韓国は2勝2分、1位

中国2勝1分1敗、2位

イラン、UAEは2勝2敗、、3位

と首位は5カ国あるものの全勝は日本とオーストラリアだけ、アジアでは最上位ランキングのイランは3位と二次予選突破に予断を許さない状況です。

二次予選は、実力勝負だけではなく、長い移動、全く異なる環境との戦いが大変です。

日本の初戦はアウエーでミャンマー戦、実力差を考えると2-0というスコアは、いいとは言えません。

と言いながらこの試合観戦していませんが。

ところが2戦目のホームでのモンゴル戦は6ー0の完勝。

3戦目のアウエーのタジキスタン戦は3-0というスコアですが内容は悪く、昨日のやはりアウエーのキルギス戦も2-0でしたが、キーパーが大活躍という試合。

ラグビーワールドカップの日本の試合で興奮、感動した後のサッカーの試合。

視聴率は10.6%、試合としてはつまらなかったのですが、今回に限らず毎回二次予選はこういう具合だなあ。

韓国のように無観客試合を2試合戦う羽目になるほど過酷ではないので、まあ内容は悪くても全勝で来ているのでしょう。

来年に後半4試合がありますが、内3試合がホームゲーム。ここで実力差を出せるかが肝心でしょう。

面白い試合は、UEFAチャンピオンズリーグと、来年ユーロくらいしか当分無さそうですね。

今日も定時に退社し、たまたまNHKーBSでラグビーワールドカップの日本代表の試合の総集編を放送しているのを見たら、何度見ても興奮するのでした。

風邪が治らないおかげ?で今年初めて5日連続禁酒しています。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ