ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
台湾の物価  徒然記

10月からの消費増税では、軽減税率が導入されます。

台湾に行って、思うのは物価がそういう考え方になっているなあということです。

昨日の夕食は大して腹も減らず、変な時間に食べることになったので、松屋で牛丼並盛りを食べました。

お値段380円。

安くていいなあではありますが、台湾ドルに換算すると、100元で、台湾であればめちゃくちゃ高い。

魯肉飯を30元、約100円で食べられるわけですから、

クリックすると元のサイズで表示します

そう感じます。

家に帰り350mlの缶ビールを飲みましたが、コンビニで買うと60元を超えるくらいですが、台湾では

クリックすると元のサイズで表示します

30元で、100円くらい。

今回も30本以上飲んでますが、ビール好きには天国です。

庶民の食べ物は、半額以下なら、公共の交通機関も安い。

地下鉄の初乗りは60円くらいで、東京では170円。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、南港から苗栗まで国鉄の各駅停車で120キロの距離を2時間半かけて乗りましたが、160元で、600円くらい。

クリックすると元のサイズで表示します

日本のJRでは120キロを鈍行で乗れば同じ所用時間ですが運賃は約2000円、550元くらいですから、日本が高く、台湾は安いということになります。

今回は、6つのホテルに宿泊しましたが内3つは駅前のビジホクラスのホテルで、一泊二人で宿泊しての、一人あたりの平均単価が1500円くらいです。

クリックすると元のサイズで表示します

壁が薄い、水回りがやや悪いとかはありますが、問題ありません。

ところが、ちょっと贅沢的になると、日本とさほど値段が変わりません。

飲食店でいうと、前回飲んだ居酒屋は3000円くらいになり、

クリックすると元のサイズで表示します

日本と変わりません。

今回は左営(高雄)ー台北間360キロほどを新幹線に乗りましたが、1490元と5500円くらい、

クリックすると元のサイズで表示します

在来線の特急自強号の倍くらいですが、距離がほぼ同じ東海道新幹線の東京ー名古屋間は約11000円。

安いのですが、日本の半額くらいまでの差になります。

新幹線はグリーン車に乗りましたが、普通車との差は、台湾では3000円ほどプラス、

クリックすると元のサイズで表示します

東海道新幹線での差と変わりません、

温泉宿になると、一泊朝食付きで8000円くらい。

値段は日本と大差なくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか、うまい具合になっているような気がします。

とはいえ、私の世代の平均年収は300万円くらいだそうです。

落とした悠々カードが使われるのは、まあしょうがないのかもしれません。

ちなみに日曜日の使用履歴は、今日は出てきませんでした。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ