ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第13回台湾旅 〜3日目〜  海外旅行

三部構成?の第1部雲林編に続いては、宜蘭編となります。

斗六駅から、バスで台湾高速鉄道、台湾新幹線の雲林駅まで、

クリックすると元のサイズで表示します

路線バスで30分ほどで到着。

クリックすると元のサイズで表示します

駅らしからぬ外観です。

東海道新幹線と基本的に同じ車両なので、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾らしさはありませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

日本で取っていた指定席に98分乗れば、あっという間に台北の一駅先の南港に着いてしまう便利さで利用してしまいます。

南港からは在来線で宜蘭に向かうつもりでしたが、気が変わって、MRT板南線で台北方面に引き返す形で、

クリックすると元のサイズで表示します

永春駅で下車。

7月にのび先生に連れていってもらい、おいしかった金仙魯肉飯で

クリックすると元のサイズで表示します

昼食。

やはり、美味しいのでした。

MRTで更に一駅台北方向に進み、市政府駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

バスターミナルから、首都客運の羅東行きのバスに乗りこみます。

鉄道で行くと、

特急プユマ号で、約1時間半 238TWD、各駅停車では約2時間半、153TWDかかるのに対して、このバスは約1時間、110TWDしかかかりません。

リクライニングする3列シートとゆったりできる車両でもあり、これではバス利用となります。

市内渋滞もなく、冬山トンネルも

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に過ぎ、羅東駅に

クリックすると元のサイズで表示します

到着してしまいました。

バスは駅の裏口に着くので、橋上駅舎の中を抜けて、表口へ。

クリックすると元のサイズで表示します

なにやら雑然とした駅前通りを歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルに到着します。

簡素なフロントで

クリックすると元のサイズで表示します

チェックインを済ませて、

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋へ。

広いけど味気ない感じではあります。

あいにくの雨降りで、肌寒い天気ですが、台湾の中で高い人気を誇る羅東夜市に行ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方四時過ぎ、あいにくの天気ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

沢山の屋台が並び、人手も多い。

ト肉の屋台と、

クリックすると元のサイズで表示します

焼き鳥の屋台で、

クリックすると元のサイズで表示します

買って雨なので、その場で食べず、ホテルに持ち帰って、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールを飲みながら食べてみましたが、おいしい。

さすが評判と違わぬ夜市のようです。

雨降りでなければ、もっと色々楽しめそうです。

7時を過ぎると外では大きな花火の音が鳴り始めました。

雲林とは違った雑然とした雰囲気の羅東で、新年を迎えます。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ