ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
谷根千散歩  国内旅行

二日家に引きこもっていたら、さすがに腐ってきたような気がしたので、先週の土曜日の休日出勤の振り替え休日の本日は、日暮里駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

千代田線の根津駅の間の

クリックすると元のサイズで表示します

谷中、根津、千駄木の上野界隈の下町エリアを、

クリックすると元のサイズで表示します

約8000歩、5キロほどを5時間かけてぶらついてみました。

まずは日暮里駅そばの天王寺を外から眺め、

クリックすると元のサイズで表示します

谷中霊園の中を歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

猫がたくさんいるという話通り、猫が現れます。

というものの、とんでもない暑さですので、見かけたのはこの一匹だけでした。

ということで、こんな猫グッズ?を売っているお店に入ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のお散歩でほかにもこういうお店をいくつか見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あとで行った谷中銀座の商店街のお店の屋根の上には、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

猫の置物がいて、猫の街なのでした。

谷中堂というそのお店では、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものを購入。

さらに歩くと、帆布のお店があり、

クリックすると元のサイズで表示します

江戸ではなく、山形のお店なのですが、台南の合成帆布で買ったかばんを愛用するようになっていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

帆布のお財布を購入。

と、買い物ばかりで、次に現れた商店街では、

クリックすると元のサイズで表示します

九州堂という九州の物産を販売するお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなレトルトカレーを買い、お散歩というよりショッピング三昧です。

ようやく、谷中銀座に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

短い商店街ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

日本人もさることながら海外観光客の方も多いのにはびっくりです。

この商店街では行列しているお店もありましたが、暑い中並ぶ気は全く起きず、空いているお店で、かみさんはアイス、私はなぜか田沢湖ビールしかないので、田沢湖ビールを飲みます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、ベジタリアンというスペイン人がお雑煮を頼むのを手伝ったりして、スマホの翻訳機能をお互いに使いながらの会話をして、海外旅行気分まで味わいました。

夕やけだんだんとか呼ばれる谷中銀座を見下ろす眺めをしばし見てから、

クリックすると元のサイズで表示します

上野桜木を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

由緒があるお寺や、

クリックすると元のサイズで表示します

古い建物がある表通りもいい雰囲気ですが、そこから入った路地裏も

クリックすると元のサイズで表示します

またいい風情があります。

クリックすると元のサイズで表示します

上野桜木に着くと、古民家をリノベーションした三軒が並ぶ場所に足を踏み入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

左奥が貸しスペース、右奥にはオリーブと塩の専門店。

クリックすると元のサイズで表示します

そこでは、店主お勧めの

クリックすると元のサイズで表示します

オリーブ油と塩を購入。

勤め人をリタイアしてからこのお店を開けたという店主から聞く話はなかなか面白いものがありました。

そして手前のお店は谷中ビアホールということで、

クリックすると元のサイズで表示します

日本人、海外観光客半々くらいのお客がいる中、二階にあがり、

クリックすると元のサイズで表示します

谷中ビールと、懐かしい味わいのナポリタンを

クリックすると元のサイズで表示します

いただき、古き江戸〜東京の日本の歴史文化の雰囲気を満喫しました。

と駅に向かって歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールの瓶が並ぶ

クリックすると元のサイズで表示します

台湾のデザートがずばり店名になっている古びたお店があります。

ということで入ってみると、古く雑然とした店内。

そんな店内には

クリックすると元のサイズで表示します

店名にもなっているデザートの説明が額に入っています。

台湾では見かけた記憶がなく、注文してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールはなく、青島ビールというのは拍子抜けですが、肝心の愛玉子はレモン味のさっぱりした味わいで暑い日にはぴったりです。

次回台湾に行ったときは探して食べてみなくては。

店主と台湾話も盛り上がり、楽しいひと時でした。

家が近くにありながら初めての谷根千散策でしたが、古いもの好きには満喫できる雰囲気のある街で、それでいながら海外旅行気分も味わえて、楽しい散策でした。

2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ