ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
本日も  徒然記

台風は東京には来ず、昼には晴れていましたが、家から1歩も出ない休日でした。

2014年に全47都道府県で各県1カ所以上は温泉に入るという目標を達成してから、入ったことがない温泉に入りにいくというよりは、気に入った温泉にまた入りに行くとか、宿は変えてみるけどお気に入りの温泉地にまた行くというパターンが増えました。

まだまだ入ったことがない温泉はたくさんあるし、このブログが始まってから8年が経ちましたが、有名な草津温泉は出てこないし、岐阜県の温泉は1回も出てきません。

そう8年以上行っていないのですが、久々に行くかというと、なぜか足が向かないままです。

ここ数年は台湾のことをネットで見ることが増えました。

国内では温泉宿以外まず宿泊しませんが、台湾の場合は温泉宿+街や観光地のホテル宿泊がパターンになっています。

どうしても荷物が多く、都市のホテルを基地に温泉にも行くという行程をとらざるを得ないし、食事を含めての温泉宿の完成度は日本の方が高い場合が多いし、都市のホテルにも宿泊し、街中の食堂や屋台で安くておいしいものを食べるのも楽しみになるということがあります。

ということで、今日は台湾のネットを見て過ごす時間が多かったです。

今年の休みの日は半分はこうやって家で過ごし、半分は温泉旅に行くという形に今のところなっています。
0



2018/7/31  0:00

投稿者:すぶた

グリーンラベルさん、コメントいただき、ありがとうございます。

全県で温泉宿に宿泊されているとはうらやましいです。

私は、福井、京都、岡山、広島、香川、徳島、宮崎、沖縄は立ち寄り湯だけで温泉宿宿泊はありません。

台湾の温泉宿の「あれっ、ちょっと違うんだけどなあ・・」はある意味楽しかったりするのですが、日本の温泉宿では、ちょっと違うは、変に後悔してしまう場合のほうが多くなりました。


http://sky.ap.teacup.com/subutanoonsen/

2018/7/30  20:18

投稿者:グリーンラベル

台湾の温泉宿に関しては同感です。私は温泉宿に泊まってのんべんだらりするのが好きなたちなので、宿が今一しっくりこない台湾の温泉に行きたいという思いがどうも募ってこなかった。でもすぶたさんのブログでまた関心を持てるようになったようです。

国内も宿ありきで温泉に行っています。やはりだんだん泊まってみたい宿が少なくなってきましたので、最近は再訪が少しずつ多くなってきました。一応わたしも全県の温泉宿に泊まっています。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ