ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2018年ワールドカップ ロシア大会観戦F 〜決勝戦〜  徒然記

1986年から見てきたワールドカップ。決勝戦はすべて観戦してきました。

1986年メキシコ大会 アルゼンチン3−2西ドイツ

1990年イタリア大会 西ドイツ1−0アルゼンチン

1994年アメリカ大会 ブラジル0−0(PK3−2)イタリア

1998年フランス大会 フランス3−0ブラジル

2002年日本・韓国共催大会 ブラジル2−0ドイツ

2006年ドイツ大会 イタリア0−0(PK5−3)フランス

2010年南アフリカ大会 スペイン1−0オランダ

2014年ブラジル大会 ドイツ1−0アルゼンチン

8試合の中では、86年、98年、10年の試合が私の中では見ていて楽しい試合だったかなという印象です。

さて、今回のフランスークロアチアはどうなのでしょう。

緊張感がある中、ゲームが始まると決勝トーナメント3試合すべて延長戦、試合間隔も1日短いクロアチアの動きが早く鋭く、量も多い。

なんとものすごい体力、精神力なのかと驚いているうちに15分が過ぎ、ゴール前でのフランスのFK。

クロアチアのDFの頭に当たってのオウンゴールでしたが、さすがグリーズマンの鋭いフリーキックでフランスが先制も、クロアチアは全然あきらめず、見事なシュートで同点。

ところがフランスも慌てず騒がずで、PKをしっかり決めて突き放し、前半は終了。

後半フランスはどう修正するのか、クロアチアの体力はどこまで持つのだろうと思いながら後半へ。

カンテを交代という思い切った采配もありながら、さすがにクロアチアも力尽きた感じで、ボクバ、エムパデのゴールで、4−2でフランスの優勝となりました。

いい試合と感じることができたのは、クロアチアの頑張りにもあったなあと感じた試合でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで全64試合が終了しました。

今大会観戦できたのは22試合と全体の3分の1程度。日本のマイナス6時間時差があるロシアでの大会でしたので、夜中の試合が多く、この程度にはなりました。

出場国32のうち、エジプト、モロッコ、ナイジェリア、イラン、オーストラリア、パナマ、ペルー、デンマーク、セルビアの9カ国の試合は全く観戦することがありませんでした。

観戦した23カ国の観戦試合回数は、

なんと一番多く観戦したのが5試合のベルギー!

以下

4試合 日本、フランス

3試合 クロアチア、ブラジル、イングランド

2試合 ウルグアイ、アルゼンチン、メキシコ、ロシア、ポルトガル

1試合 スペイン、ドイツなど12カ国

となりました。

■グループリーグ(丸数字は順位) 11/48試合観戦

Å組 @ウルグアイAロシアBサウジアラビアCエジプト

ロシア5−0サウジアラビア

B組 @スペインAポルトガルBイランCモロッコ

スペイン3−3ポルトガル

C組 @フランスAデンマークBペルーCオーストラリア

観戦なし

D組 @クロアチアAアルゼンチンBナイジェリアCアイスランド

アルゼンチン1−1アイスランド

E組 @ブラジルAスイスBセルビアCコスタリカ

ブラジル1−1スイス

ブラジル2−0コスタリカ

F組 @スウェーデンAメキシコB韓国Cドイツ

メキシコ1−0ドイツ

メキシコ2−1韓国

G組 @ベルギーAイングランドBチュニジアCパナマ

ベルギー5−2チュニジア

H組 @コロンビアA日本BセネガルCポーランド

日本1−0コロンビア

日本1−1セネガル

日本0−1ポーランド

■決勝トーナメント 11/16試合観戦


◇1回戦

フランス4ー3アルゼンチン

ウルグアイ2ー1ポルトガル

日本2−3ベルギー

◇準々決勝

フランス2ー0ウルグアイ

ベルギー2ー1ブラジル

イングランド2ー0スウェーデン

クロアチア2ー2(PK4−3)ロシア

◇準決勝

フランス1−0ベルギー

クロアチア2−1イングランド

◇3位決定戦(厳密には決勝トーナメントではない試合ですが)

ベルギー2−0イングランド

◇決勝戦

フランス4ー2クロアチア

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ああ、宴の後のさびしさという気持ちが今はしています。

日本代表のゲームとしては、8月にオリンピック代表によるアジア大会、9〜11月の親善試合、そして来年1月のフル代表でのアジアカップがありますが、ワールドカップのような気分での観戦とはならないでしょうね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ