ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
足りない何か  徒然記

眠れないままに23時キックオフのブラジルーメキシコを見始めます。

メキシコのサッカーは昔から好きだからです。

メキシコがいい試合の入りをしましたが、気づくとブラジルペースになっています。

あれっ、いつの間に流れが変わったのだろうと思ううちに眠りに落ちました。

3時前の目覚ましで起き上がり、結果を確認するとブラジルが2−0で完勝。

この強さは何だろうと思いながら、

クリックすると元のサイズで表示します

日本ーベルギーを見始めます。

ベルギーのとてつもない選手に対して、危なくなりそうな場面で複数の選手が囲い込み、流れは悪くないまま、前半終了。

クリックすると元のサイズで表示します

ハーフタイムでLINEのやり取りをした際の私のコメント。

原口選手は、もう少し相手側に入って勝負してもいいのではという印象でした。

後半、原口選手が少し前目でプレーし始めたので、いいぞと思っていたら、その原口選手が先制点。

そして乾選手の素晴らしいゴールで2−0となってからが問題。

3点目を狙うのか、自分たちが保持して落ち着かせるのかが、はっきりしなくなっていきます。

そして、ベルギーは後半20分に一挙に2枚交代。私が狙いどころと思った選手が交代です。

ここで、日本ははっきりさせなくてはいけないところ、ずるずると押し込まれて、10分足らずの間に同点に追いつかれます。しかも交代選手のゴール。

後半36分になっての交代は、何を意図しているかいささか不明瞭。

パスの出し手でを引っ込めるなら守備固めに見えるけど、前のほうでプレスをかけていた原口に替えて守備を期待できない本田を一緒に出せば、守備的には苦しくなりそうだけど、香川ー本田で点は狙うぞということなのか。

そして、延長になるのかなと思ったときに日本のCKからロングカウンターを喰らっておしまい。

足りないものを埋めることだけにまい進した2010年南アフリカ大会、足りないものを見ようともせず、ストロングポイントだけを見て惨敗した2014年のブラジル大会。

前回よりは、もやもや感はないのですが、なぜこういう大試合で先行しながら逆転負けをするのか。

2006年ドイツ大会のオーストラリア戦にブラジル戦。2014年のコートジボワール戦と同じ悪夢を見ることになりました。

次回4年後は、今回メンバーの大半はいなくなっているはずで、世代交代を図らなくてはいけない難しさがあります。

ありがたかったボーナスゲームはおしまい、これからはヨーロッパと南米のワールドカップになります。

金曜日の夜中の準々決勝、フランスーウルグアイ、ブラジルーベルギーは楽しみですね。

と興奮して眠れず、寝不足で仕事に向かいます。





2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ