ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2017年7月の振り返り  温泉雑記帳

7月は、宿泊3回、日帰り1回の計8日温泉に入浴しました。

1.北海道の温泉

支笏湖畔の

クリックすると元のサイズで表示します

温泉に2つ入りました。

(1)丸駒温泉旅館

クリックすると元のサイズで表示します

日本秘湯を守る会員宿であり、まあ有名な温泉旅館です。

クリックすると元のサイズで表示します

支笏湖と浴槽のお湯の水位が同じになる

クリックすると元のサイズで表示します

野天風呂が有名です。

でも案外内湯と露天風呂も

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気が良かったです。

(2)休暇村 支笏湖

クリックすると元のサイズで表示します

同じ支笏湖畔にあっても、宿の雰囲気もまったく違うし、

クリックすると元のサイズで表示します

お湯も

クリックすると元のサイズで表示します

全く違い、入り比べが面白かったです。

(3)洞爺湖温泉 大和旅館

湖畔の温泉もうひとつは、洞爺湖温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

大きなホテルが多いのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなこじんまりした宿もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

浴室も公衆浴場風で、かけ流し。

こういう温泉と出会えるのは、本当にうれしいことです。

(4)登別カルルス温泉 湯元オロフレ荘

クリックすると元のサイズで表示します

外観はあれでしたが、お値段御手頃でも館内はきれいにされているし、食事はおいしいし、

クリックすると元のサイズで表示します

浴室は大きいし、

クリックすると元のサイズで表示します

泉質も単純泉ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

かけ流しで気持ちのいいお湯です。

(5)登別温泉 夢元さぎり湯

カルルス温泉から車で15分ほど、北海道を代表する温泉地である登別温泉

クリックすると元のサイズで表示します

大型旅館が多いのですが、その中にある公衆浴場です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年10月に初めて入浴したので、今回2回目。

でも、2種類の源泉が楽しめるのは今回も満足。

ただ、今回は朝7時のオープンすぐに行ったのに大賑わいではありました。

(6)天然温泉樽前の湯 ドーミイン苫小牧

苫小牧の市街地にあるビジネスホテルですが、

クリックすると元のサイズで表示します

最上階に大浴場があり、

クリックすると元のサイズで表示します

しかも温泉なので選択。

昨年10月にも宿泊しましたが、今回も苫小牧に所用があり宿泊してしまいました。


2.静岡県土肥温泉

(7)IRORIダイニング〜 ゆとりろ西伊豆

我が家の記念日に、部屋に露天風呂温泉の付いていて、でも安い所という選択理由です。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、雰囲気はそれなりにですが・・

クリックすると元のサイズで表示します

3.群馬県猿ヶ京温泉

ダム湖である赤谷湖に沈んだ温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

ダム湖の湖畔に20軒以上のホテル、宿がある温泉地です。

(8)小野屋八景園

そんな猿ヶ京温泉の入口にあたる相俣地区にある温泉民宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

赤谷湖を望むお風呂の雰囲気だけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

かけ流しのお湯使い、そして食事にも

クリックすると元のサイズで表示します

満足な宿でした。

4.東京浅草

(9)温泉銭湯 蛇骨湯

クリックすると元のサイズで表示します

年に1回くらい訪れる温泉銭湯です。

来るたびに海外の方も含め、観光客それも温泉目当てというより純粋に観光地として来る方が多くなっているような気がします。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ