ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
寄り道しながらの帰宅  只今、旅行中

相俣バス停から、関越交通バスに30分ほど乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

上毛高原駅へ。

10:43発のMAXたにがわ号東京行きに乗ると、

クリックすると元のサイズで表示します

自由席でも楽々座れましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

15分乗っただけの次の高崎で下車してしまいます。

結果的には新幹線でまっすぐ帰るより5時間ほどの寄り道となりました。

高崎から両毛線で前橋へ。

そこから、外観も

クリックすると元のサイズで表示します

内装も

クリックすると元のサイズで表示します

レトロ調の100円バスで、中央前橋駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから上毛電鉄というローカル私鉄に乗ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

西桐生まで25キロ、22の駅に停まり50分ほどかかります。

クリックすると元のサイズで表示します

乗った電車は、お祭り電車ということで、車内が手作りの夏祭り風な飾りつけです。

クリックすると元のサイズで表示します

とても空いていて、赤城山を左に見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

のどかに走ります。

途中学生が乗ってくると、

クリックすると元のサイズで表示します

自転車持ち込み可能ということで、東京では見られない車内の光景となり、旅気分を味わい、終着駅の西桐生駅に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の雰囲気がいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

350M歩いて、JR桐生駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから、わたらせ渓谷鉄道というローカル線に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

大間々へ。

クリックすると元のサイズで表示します

構内にはかつて走っていた、むしろそちらのほうが馴染みがある車両が

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

保存されていました。

そんな大間々駅から5分ほど歩いた場所にある醤油醸造蔵元へ。

クリックすると元のサイズで表示します

醤油ソフトクリームを食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

醤油を買い込んでしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

歩き出すと、お腹が減っていたこともあり、見かけたお店で

クリックすると元のサイズで表示します

遅めのランチ。

赤城駅まで歩き、東武桐生線の各駅停車で、

クリックすると元のサイズで表示します

太田駅から行きも乗った特急りょうもう号で

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅という寄り道でした。

それにしても暑かったなあ。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ