ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
富山県 庄川峡長崎温泉 民宿ながさき家  その他中部地方の温泉

2017年6月に宿泊しました。

富山県を流れる庄川沿いの

クリックすると元のサイズで表示します

国道156号線沿道に、いくつかの温泉地が点在し、その中で有名なのが船でしか行くことができない

クリックすると元のサイズで表示します

1軒宿の大牧温泉がありますが、そこから近く、国道156号線から橋を渡ったところに

クリックすると元のサイズで表示します

6軒の宿があるのが、長崎温泉です。

その中の1軒、古民家をリノベーションした宿が「ながさき家」です。

クリックすると元のサイズで表示します

看板は、

クリックすると元のサイズで表示します

新大牧温泉となっていて、ネットで調べていた時に大牧温泉から引き湯しているというのを読んだ気もしますが、脱衣所に掲出の温泉分析書には、

クリックすると元のサイズで表示します

庄川峡長崎温泉とあるので、長崎温泉と思われます。
(宿のおかみさんに聞いてみようと思っていたのに、忘れました。)

正面だけではなく、横から見ての外観もさることながら、

クリックすると元のサイズで表示します

そして、館内が

クリックすると元のサイズで表示します

古民家の風情を

クリックすると元のサイズで表示します

感じさせてくれますが、掃除が行き届き、きちんと手入れがされていて、

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋も快適です。

基本的におかみさん1人で切り盛りされているそうで、感心するしかありません。

浴室は廊下でつながる新しい建物にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯+露天風呂の浴室が2つありますが、宿泊したのが私たち夫婦だけであったので、男湯のみを家族風呂使用ということになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

残念であったのが、湯口からの湯の投入がなく、浴槽内循環であったことと、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂にお湯が張られていないことでした。

アルカリ泉らしい、つるすべした柔らかい浴感はありました。

食事は囲炉裏のある

クリックすると元のサイズで表示します

古民家という雰囲気の強いお部屋でいただきました。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

朝食とも

クリックすると元のサイズで表示します

目を引くようなものはありませんが、どれも素朴でとてもおいしい。

食事には大満足でした。

朝、宿のまわりを散歩してもそうですし、

クリックすると元のサイズで表示します

夜寝ていても蛙の鳴き声以外一切音がない、静かな環境です。

クリックすると元のサイズで表示します


●施設のデータ

【施設のHP】 なし
【泉質】 アルカリ性単純温泉   
【PH・泉温】 PH 不明  26℃
【立ち寄り営業】 不明
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ