ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
台湾の夜市歩き(1) 台北  海外旅行

夜になると通りや公園に屋台が出店して賑わう夜市は、台湾の大きな特徴なのでしょう。

これまでに歩いたことがある夜市について、書いてみます。


1.雙城街夜市

2010年4月の初めての台湾旅の際に訪れた、台湾の夜市初体験がこの夜市でした。

MRT中和新蘆線が地下を走る民権東路一段道路から北に伸びる雙城街という路上に40軒ほどの屋台が出る夜市です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雙城街は、MRT中和新蘆線の民権西路駅と中山国小駅の中間よりやや中山国小駅寄りですが、当時中和新蘆線がなく、淡水線で来たので民権西路駅から歩いていきましたが遠かったという記憶はありません。

雰囲気を味わうことが目的で、夜市に行く前にたんまり夕食を食べていたこともあり、牛肉湯麺40元(約120円)を、

クリックすると元のサイズで表示します

食べただけでした。

今にして思うとこじんまり食べ物屋台が多い夜市なので、何軒か食べ歩くにはいい夜市なのでしょう。


2.士林夜市

2012年9月に行ってみました。

言わずと知れた台北というか台湾を代表する夜市です。

クリックすると元のサイズで表示します

MRT淡水線で台北駅から6駅目に士林駅がありますが、最寄り駅は一駅手前5駅目の剣潭駅となり、ほぼ駅前といっていい場所ですのでわかりやすい場所ではあります。

路上

クリックすると元のサイズで表示します

アーケードの中にも、

クリックすると元のサイズで表示します

そして地下には、美食区と書かれる

クリックすると元のサイズで表示します

フードコート形式になっている規模が大きい夜市となっています。

この地下はきれいではありますが、この雰囲気なら夜市ではなく、食堂・レストランに入ったほうがいいなあという気になりましたし、規模の大きいところにたくさんの人が来て混みあうので、まあ1回行ってみたらいいのかなあというのが私の感想です。


3.寧夏夜市

2014年10月に行ってみました。

MRT淡水線と松山新店線の交差駅である中山駅または、淡水線で中山駅の一駅先の双連駅が最寄り駅となり、私は中山駅から歩いていき10分ほどで到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

看板には観光夜市と出ていますが、食の夜市として地元の方が多いらしく、確かにそういう雰囲気に感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

果物の屋台も出ていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

肉飯の屋台が私的にはやけに目について、

クリックすると元のサイズで表示します

食べた30元(約100円)の赤肉飯が、

クリックすると元のサイズで表示します

美味しかっです。

食べ物屋台が多くて規模も小さめという夜市が好きになるようです。


4.饒河街夜市


2016年5月に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

士林と共に台湾の二大夜市と言われる有名な夜市で、台鉄(国鉄)とMRT松山新店線の松山駅からすぐの、お寺の

クリックすると元のサイズで表示します

門前の片道約400メートルの直線の道一本が

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま夜市になっています。

観光客向けであり、たくさんの人でひしめき合いますが、お店が色々あり、

クリックすると元のサイズで表示します

食べ物屋台は当然で、雑貨や

クリックすると元のサイズで表示します

さとうきびジュースの屋台と

クリックすると元のサイズで表示します

色々あって楽しいのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく混むので、疲れていない時に行きたい夜市です。

名物であるらしい胡椒餅や金蛋爆漿玉子焼は

クリックすると元のサイズで表示します

食べずに、魯肉飯と

クリックすると元のサイズで表示します

牡蠣のオムレツ

クリックすると元のサイズで表示します

だけでも満足なのでした。

お寺も参観させていただきましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

堂内のきらびやかさと、最上階からの夜景と

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも観る価値がありました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6回行っても、4つの夜市にしか、それもほんのちょっと覗いた程度ですが、これからも台北に行くことがあれば、他にもたくさんある夜市には行ってみたいものです。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ