ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2010年4月 北投温泉散策  海外旅行

北投(ペイトウ)温泉に向かうべく、台北駅からMRT淡水線に約20分乗車します。

途中、圓山駅から地上を走ります。
車窓から、巨大な圓山大飯店が見えてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

北投駅で新北投支線に乗り換えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新北投支線の電車は、3両と短い編成で可愛らしい外観になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

車内も観光列車のようなつくりです。

クリックすると元のサイズで表示します

一駅約3kmで終着駅新北投駅ですが、とてもゆっくり走るので5分程度かかりました。

新北投駅の駅舎は妙に巨大です。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前に以前の駅舎の写真が掲示されていました。
昔のほうが、温泉玄関駅の風情があったような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

市中心部から30分ほどですが、山の中という感じで、群馬県草津温泉になんとなく似ているように思います。

温泉街の中心を流れる川沿いは、公園になっています。
公園内に「親水公園露天温泉浴池」があります。水着着用混浴ですが、パスして「北投温泉博物館」に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

入場無料。1913年建設の北投温泉公共浴場を修復した博物館で、お目当ては当時の浴場です。
ところが、工事中で見ることができませんでした。

公園の一番奥が硫黄泉が湧き出ている地熱谷です。すごい湯気で霧の中にいるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 台湾 温泉




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ