ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
南部縦貫鉄道 七戸駅跡  こ鉄の部屋

南部縦貫鉄道線は、JR東北本線(現在青い森鉄道)野辺地駅から七戸駅を結んでいた鉄道路線に1997年に廃線となりました。(1997年当時は休止で正式には2002年に廃止届)

青森県の東半分の地域名「南部」を縦貫するという雄大な社名ですが、走っていたのはレールバスが1両。

テレビや雑誌で見ては乗ってみたいものだと思っているうちに廃線となってしまいましたが、終着駅の七戸駅に駅と一緒にそのレールバスが保存されているとのことで、2013年8月に訪れてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

東北新幹線開通時にこの七戸十和田駅に連絡する計画もあったそうですが、かなわぬ夢であったこの駅からレンタカーで、七戸駅跡へ。

クリックすると元のサイズで表示します

思いもほか大きく、かつ傷みが目立つという感じではありません。

駅舎の中も

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとした記念館風で

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとうれしい感じです。

ホームに出ると

クリックすると元のサイズで表示します

草むしていますが、レールも残されています。

クリックすると元のサイズで表示します

保存されているレールバスが駅構内だけではありますが動く日もありますが、この日は車庫の中の動かない状態のレールバスを見せてもらえる日でした。

ふらりと出掛けて、見られるわけではないので、もし見に行かれるときは事前にご確認を・・

クリックすると元のサイズで表示します

さて、車庫に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

2両のレールバスがいます。

クリックすると元のサイズで表示します

なんという面構え、昔の路線バスの顔です。

クリックすると元のサイズで表示します

運転席もいやあ、列車の雰囲気ではありませんし、

クリックすると元のサイズで表示します

車内もバスの雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな車両が20年前まで走っていたのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

最後のころは1日5往復しかなかったようですが・・

クリックすると元のサイズで表示します

いつまでも、こうやって大切に保存されてほしいものです。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ