ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
千葉県御宿温泉 元湯  その他関東の温泉

*2015年4月10日の記事を加筆修正しました。

2015年2月に立ち寄り湯しました。

JR外房線御宿駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

歩いて10分ほどの御宿海岸は、砂浜のビーチで

クリックすると元のサイズで表示します

月の砂漠で

クリックすると元のサイズで表示します

有名ですが、私は漁港の方へ南下して、

クリックすると元のサイズで表示します

国道沿いに一軒ぽつりと立つ宿へ。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉宿という雰囲気ではありませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと温泉の浴室はあります。

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂はなく、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の注入量も多いわけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

加温循環ですが、なんともいえないとろけるような浴感と窓から見える景色も

クリックすると元のサイズで表示します

悪くなく、

クリックすると元のサイズで表示します

東京周辺の黒湯系モール型の

クリックすると元のサイズで表示します

お湯としては中々のものです。

クリックすると元のサイズで表示します

元湯の看板に偽りなし、また入りにきたいと思った宿でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、2015年から2016年の年末年始に2泊してみました。

全10室、和室タイプのお部屋もあるようですが、私が宿泊したのは洋室タイプのお部屋。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋からは、やや遠くにはなりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

きれいな海と海岸を見ることができます。

連泊した中日の昼間、女湯の方に家族風呂として入浴させてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

男湯の浴槽より、長さは短いのですが、深さは男湯より深いという違いがありました。

食事は、一階の食堂でいただきました。

1泊目の夕食

クリックすると元のサイズで表示します

1泊目の朝食

クリックすると元のサイズで表示します

2泊目の夕食

クリックすると元のサイズで表示します

2泊目の朝食

クリックすると元のサイズで表示します

さすが海のそばだけあって、魚中心の献立です。

あと、こちらの宿どういうわけか、立派な鉄道模型を走らせることができる大きなジオラマが

クリックすると元のサイズで表示します

2か所もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の方に聞くと、鉄道模型を持ち込んで宿泊する人もいるそうです。

部屋からはやや遠いとはいえ、宿から歩いて10分しませんので、

クリックすると元のサイズで表示します

美しい御宿海岸に行って、

クリックすると元のサイズで表示します

初日の出を見ることが

クリックすると元のサイズで表示します

できました。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.onjuku-motoyu.com/
【泉質】 ナトリウム-炭酸水素塩泉     
【PH・泉温】 PH不明 19.3℃
【立ち寄り営業時間】 12:00〜
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ