ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
宿を出発  只今、旅行中

朝は5時6時には目が覚めるのに、今朝は8時前の朝食のご用意ができました電話で起きました。

静かだし、お湯がいいということなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食同様、食事はおいしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食後に昨日と男女入れ替えの、岩風呂にじっくり一時間入浴。

30℃ないお湯ですが、私的には寒いということはなく、温泉には大満足。

この宿の難点があるならば、窓からの景色が痛ましい(宿の責任ではないですよね)のと、

クリックすると元のサイズで表示します

接客がいまいち。

チェックインで夕食の飲み物を聞かれ頼んだビールは出てこず、さほど飲みたくないので言わずにいたら、本当に最後まで出てこないし、ついでに天ぷらのつゆも出てこないし(つゆなしで食べられるからいいやと言わず)、さすがにほうとう鍋の火をつけに来ないのは食べれないのでいいましたが、食事ではそんな感じ。

今朝チェックアウト時には、違う客の伝票が出て金額を言われるし(料金が三倍違う)、私の伝票がようやく出てくると、夕食の出てこないビールは請求されるし(出てこなかった旨を申告し、削ってもらいましたが)で、まあ怒る人は怒るような状態でした。

金額が7500円ですので、私的にはいい温泉で食事自体は美味しかったので満足ではありました。

そんな「湯元ホテル」を出発です。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ