ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
絶対に行きたかった温泉(1)大分編  温泉雑記帳

本来は入りたい温泉があるので、わざわざ出かけるわけですが、未入湯県の温泉に入るということが第一目的であると、計画段階で入りたい温泉を探すというようなことが出てきます。

今回の旅行では、かねてから行きたかった温泉に入ってみたら良さそうという温泉をくっつけるという組み方になりました。

大分県は5月に、別府に3泊4日で八湯すべて16カ所に入浴したので、温泉未入湯県に行くという観点からは今回パスしてもよかったのですが、15年以上前から行きたかった温泉があったので、外せないという想いでした。

2か所あってひとつは、壁湯温泉「福元屋」のこちらのお風呂。

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気は思っていた通りに素敵で、お湯は岩の隙間のどこから湧いているのか今一つわからないながらも、やわらかい浴感のお湯の素晴らしさに感動しました。

行く前に良く調べていませんでしたが、宿泊してみると食事、接客、宿の雰囲気にも満足。

今回の旅の最初の宿泊宿にして大正解でした。

そして、もう一か所は長湯温泉。

泡を吹く蟹のようであることから、名付けられた「ガニ湯」

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街の道から丸見えですから、普通は観賞用で入浴しないのでしょうが、

クリックすると元のサイズで表示します

入浴禁止ではないので、入浴させていただきました。

アワアワの感触が無いのはイメージと違いましたが、湯船に漬かれたことがとにかくうれしかったです。

我ながら馬鹿だなあとは思いますが・・・

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ