ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
赤滝鉱泉  栃木県の温泉

2013年9月に立ち寄り湯しました。

県道56号線、矢板カントリークラブの少し先から

クリックすると元のサイズで表示します

未舗装の山道に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

小滝鉱泉との分岐点の先のスペースで車を止めなくてはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します

更に道は細くなり、かつ勾配がきつい道を歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

木々の間から赤い屋根が見えてきて、

クリックすると元のサイズで表示します

鉱泉を沸かしているだろう煙が見えて、

クリックすると元のサイズで表示します

ようやくという感じで宿に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の方より先に猫が出迎えてくれて、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の由来、効能が書かれた木の札がかかる玄関から

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ると、あっという間にタイムスリップ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

浴室の入口に来ると、

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所も

クリックすると元のサイズで表示します

浴室も

クリックすると元のサイズで表示します

一つだけで貸切り入浴。

天井も含め、これまたかなりの年代物といった雰囲気が濃厚です。

クリックすると元のサイズで表示します

お湯が溜まっていない様に見えますが、深さのある湯船なのでこれでちょうどいいくらい。

途中宿のおばあさんが、ぬるくないか、と外から声をかけてくれました。

ぬるければ、外で更に薪をくべてくれるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

溜まり湯状態でしたが、ぎしぎし感がある濃厚なお湯で、湯上り後は入った感が十分にしました。

矢板市の小滝、寺山、赤滝と3つある秘湯系鉱泉の中でも、群を抜いての秘湯感あふれる宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】単純酸性・鉄冷鉱泉   
【PH・泉温】 PH3.0 13.8℃
【立ち寄り営業時間】 要問合せ
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ