ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
小滝鉱泉  栃木県の温泉

2013年9月に立ち寄り湯しました。

県道56号線、矢板カントリークラブの少し先から

クリックすると元のサイズで表示します

未舗装の山道に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

赤滝鉱泉との分岐点から更に道は細くなり、かつ勾配がきつくなって

クリックすると元のサイズで表示します

秘湯ムード満点のロケーションである宿に到着します。

が、宿自体はとても新しくてきれいな外観です。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の前には、宿の名前になっている小滝が

クリックすると元のサイズで表示します

ありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

名前の通り、小さな滝です。

玄関を入ると、新しくてきれいですが、

クリックすると元のサイズで表示します

入ってすぐに和室の休息スペースがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

その壁には効能書が掲出されていて、

クリックすると元のサイズで表示します

湯治宿の雰囲気はしっかりあります。

廊下を奥に進むと、これまたきれいな脱衣所が現われます。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室も新しくてきれいです。

鉱泉沸かし湯なので、浴槽にはしっかりした木の蓋がのせてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

蓋を開けると

クリックすると元のサイズで表示します

なんともいえない色合いのお湯が

クリックすると元のサイズで表示します

光の反射具合で

クリックすると元のサイズで表示します

微妙に色が変化するのも楽しい感じです。

男女とも基本的に同じ簡素な造りですが、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり新しくきれいで、何もない環境の中の宿とは思えません。

お湯は少しぎしぎしくるような感触で、湯上りは結構温まり感が持続しました。

クリックすると元のサイズで表示します

明治25年創業の歴史はあるけど、新しい施設の秘湯の宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www11.ocn.ne.jp/~kotaki07/index.html.htm
【泉質】 鉄イオン・メタケイ酸の項で温泉法の温泉に該当    
【PH・泉温】 PH3.1 14.8℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜17:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ