ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
四万温泉・つばたや旅館  群馬県の温泉

2007年2月に初めて宿泊し、直近では2015年1月に宿泊、全部で11回宿泊しています。

四万温泉はとても大きな温泉街(川に沿って長細くのびている)ですが、つばたや旅館は温泉街の手前山口地区にあります。
すぐ隣が、有名で巨大な「四万やまぐち館」ですが、その真横にひっそりとたつ宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私は、気に入ったところができると、そこにだけ何回も行くというタイプではないので、11回も同じ宿に宿泊したのは、ここだけです。
なぜ、そんなに気に入ったのかを考えてみると、

@温泉が自家源泉で完全かけ流しの上に、
内湯2カ所と露天風呂の合計3カ所のお風呂がありますが、すべて貸切での入浴となります。
特に手作り露天風呂はとてもいい雰囲気です。

A部屋数が4室なので、@でお風呂が3つすべて貸切制でも、混み合うことがまずないのでゆっくり入れる。

B1泊2食で7000円という安さ

C Bの金額なので、部屋は簡素でトイレも共同ですが、きちんと清潔で随所に手作り感ある飾りが嫌味にならないようあって、贅沢を求めない人間にはいい部屋です。窓のすぐ下を川が流れているし、眺めも好きです。食事も普通の家庭料理ですが、おいしいと思います。

というような理由が挙げられますが、まあとにかく好きな宿なのです。

お風呂の紹介

○露天風呂

廊下の突きあたりから外に出て、非常階段みたいな階段を川へ下りていくと、そこが露天風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

川が本当に間近に流れています。実際、川が増水したときには何回か風呂が流されたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋からも、となりのやまぐち館の露天風呂からも見えてしまう作りですので、水着、タオルの着用はOKとなっています。
昼間は目の前の川を見ながらビールを飲んで入浴し、夜は天気が良ければ星を見ながらの入浴ができ、本当にいい露天風呂です。

○内湯(中浴場)

内湯は、簡素なつくりですが、露天と違ってじっくりいいお湯を味わえると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

○内湯(小浴場)

二人で満員というくらいの小さなお風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯は1階の奥に並んであります。

クリックすると元のサイズで表示します

続いては部屋の紹介です。

クリックすると元のサイズで表示します

○1階

二部屋にもなりますが、壁を取り払い一部屋で使用しているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

○2階

3部屋あります。

クリックすると元のサイズで表示します

窓からは川と真下には露天風呂を見下ろせます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

部屋でいただく食事は、こんな感じです。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

朝食

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の温度が高めですので、秋から冬シーズンにはこれからも泊りたい宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www16.plala.or.jp/tubataya/
【泉質】 ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩泉   
【PH・泉温】 PH7.4  58.6℃
【立ち寄り営業時間】 11:00〜15:00
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆☆
【備考】立ち寄りについては、宿HPで確認してください。

*加筆修正履歴
 2010年8月10日
 2012年8月23日
 2014年3月30日

5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ